コラム

 公開日: 2012-05-20 

マナーうんちく話244≪生きることは食べること≫

5月も下旬に差し掛かると、瑞穂の国日本では、いよいよ農作業が多忙になります。
緑は濃くなり、太陽の光はまぶしさを増し、気温も上昇傾向で、全てが元気盛りの時です。

しかし、それとは裏腹に、就職や転勤や移動などで、慣れない職場での人間関係によるストレスがたまり、重苦しい気持ちになっている人もいるのではないでしょうか?

日本では、4月に新年度がスタートしますが、それに対する期待感はあったものの、結局うまくいかず、イライラしたり、食欲なくなったり、会社に行きたくなくなったりする症状が5月に出るから「5月病」といわれますが、正式な病名ではなく俗名だそうです。

リラックスしたり、昔の仲良い友人等に会ってみることが、その対策法としてあげられていますが、いずれにせよ、日頃からから自分を大切にし、元気で過ごしたいものですね。

ところで、5月は、農業に関しての季節指標が2つあります。
その一つは「マナーうんちく話234《お茶ともてなしの心》で取り上げた「八十八夜」です。

そしてもう一つは、5月21日の、二十四節季の一つ「小満(しょうまん)」です。
これは二十四節季の一つでありながら、ほとんど知られてない言葉だと思います。

木や草が益々生い茂る頃で、鶯が鳴き、燕が子育てに励み、蚕が桑の葉を食べ始める頃だとされています。そして麦畑はほのかに黄緑色に色づき始めます。

街中で暮らす人には、いずれもピーンと来ないものばかりだとおもいます。
そして、これではなぜ「小満」表現されるのか、その意味をなしていませんね。

現在では麦畑を見かけることはあまりありませんが、昔はよく目にしたものです。
すでにお話ししましたが、麦は、秋に種を蒔き、ちょうど今頃に穂をつけるので、その穂を確認したら、ホットひと安心できたわけです。
「ひと安心する」=「少し満足する」です。

昔は殆どの人が米や麦を作り生計を立てており、その人達にとって、その米や麦の出来具合がすべてで、まさに生死にかかわる重大事だったわけです。だから、秋に蒔いた種が成長し、穂が出てきたら、それでひと安心、つまり一応満足できたわけですね。
しかし、まだ収穫には至らず、食べることはできないので、大満足することはできません。

表題の「生きることは食べること」とは、このような意味で捉えています。

先日、我が家に巣作りしていた燕の卵がかえり、只今、親鳥は、朝から晩まで、餌を運んでいます。
燕にとって、「子育て」=「餌運び」。これが全てですね。

卵を産んだら、それがかえるまで、ひたすら抱いて温める。
卵がかえれば、朝から晩まで、さぼることなく、雨の日も風の日も、子のために、無心に餌を運ぶ姿には感心します。
教えられるところが多々ありますが、親子無事に旅立つ時は、とても感動的です。

ちなみに、皆さんは、一番幸せを感じ、満足を味わう時は、どんな時でしょうか?
「美味しいモノを食べている時」と答えられる方も多いのではと思います。

また親元を離れて一人で暮らしている人。
お母さんから「ちゃんと食べているか?」と聴かれることも多いのではないでしょうか?

動物にとっても、人にとっても、命の根源をなすものは、食べることです。

しかし、地球温暖化による気象の変化、風水害、戦争、飢餓の拡大、さらに農業従事者の減少や高齢化等により、「食べること」の課題は山積みです。
加えて食料廃棄物(残飯)や孤食・個食等、食べ方にも多くの問題が潜んでいます。

私は日頃から、農業、漁業、畜産業は、まさに生きるための産業だと思っています。

農業、漁業、畜産業に従事する人がいて、さらにそれらを運ぶ人、市場で販売する人、料理する人が加わり、私たちは、食べ物を、初めて口にすることができます。

現在は、麦の穂を確認したり、蚕が桑の葉を食べる姿は見ることはできませんが、「小満」の日に当たり、今一度全ての面で、食べることにキチンと向かい合っていきたいものです。

「食べ方」が良くなれば、それに連れて「生き方」も良くなります。

「テーブルマナー」は、まさにそのために存在します。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1453《出会い後のアフターフォローの仕方》

「マナーうんちく話1452」からの続きです。出会いがあった後に熱心に働きかけることで、相手にはこちらの熱...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1452《「人脈づくり」の秘訣はアフターフォローにあり》

前回人づくりに触れましたが、さらに具体的に触れてみます。公私にわたり人づくりは大切で、出会いを活かすた...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1451《万物が躍動する時です。「人脈づくり」に励みませんか?》

先人は花が咲くことを「笑う」と表現しましたが、百花繚乱と言われるように多くの花が咲き乱れ、新芽が萌え出し、...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1450《「753現象」と上司と部下の関係》

突然ですが「七五三現象」をご存知でしょうか?新卒で就職した人のうち、中卒の人は7割、高卒の人5割、大卒の...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1449《「就活」と「働き方改革」と「幸せ婚」》

「ドッグイヤー」「マウスイヤー」という言葉が産まれて久しくなりましたが、相変わらず社会情勢は大きな波にのま...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ