コラム

 公開日: 2012-05-14 

マナーうんちく話241≪苦情とクレーム①≫

「宴会場が狭い」「料理の味がいつもと違う」「空調が効いてない」「従業員の対応が悪い」「引き出物が違う」「時間に遅れた」等など、33年間、ホテルの現場第一線で接客の仕事に携わり、実に多くの苦情やクレームに見舞われました。

ホテル業では苦情やクレームは付き物だと思いますが、皆様の所では如何でしょうか?
恐らく人を相手にしている限り、職場で「苦情やクレームとは無縁だ」というところは無いと思います。
家庭でも学校でもありますね。

その殆どの場合は、誠意も持って担当者や責任者が対応すれば、ことなく収まりますが、時としてとんでもないことに発展します。

このような場合は、私の経験からいえば、苦情やクレームの原因そのものより、その対応のまずさに不満を持たれているケースが多いと思います。

しかし、時として、こちら側に非は無くても、一方的に難癖をつけられるケースも有ります。

いずれも、苦情やクレームを受けたら、早期に対応することが必要です。
病気も早期発見・早期治療が大切です。
火事の時も初期消火が何より大切で、これを怠るととんでもないことになります。また事件が発生した時、警察は初動捜査を大切にしますが、ここがまずかったら迷宮入りにもなりかねません。

このように、苦情やクレームも、最初の対応がまずいと、とんでもない方向へと拡大することがあるので、「要領を得た」対応と「誠意」が大切です。


ところで、苦情やクレームの対応についての極意は何だと思いますか?
スキルですか?あるいは長年の経験でしょうか?

いずれでもありません。
私は大小に関わらず、「誠意のある対応」が大切だと思っています。

「事大小となく、正道を踏み至誠を推し、一事の詐謀を用うべからず」。
(西郷隆盛)
大事な事であろうと、些細な事であろうと、人としての誠を持って当たり、「いつわりのはかりごと」は、してはならないという意味です。

また、「誠実にまされる知恵なし」ともいわれます。
こざかしい策略をするより、最初から誠実に対応する方が万事うまくいくという意味です。

苦情やクレームの対応はこれに尽きるのではないでしょうか?
勿論、時としては、凛とした対応も必要ですが・・・。


ケースバイケースにより、対応の仕方は当然異なって来るので、苦情やクレームに対する心構えがなんらないまま、いきなりこれらの対応に追われるのも辛いものが有ります。

いかなる時も、あわてないよう、日頃から対応方法を考えておくことが肝心です。指導的立場にある人は特にそうです。
そして、日頃からの人間関係がとても重要です。

ちなみに、「苦情処理」とか「クレーム処理」という言葉を、時として、耳にしたり口にしたりしますが、私は個人的にはこの「処理」という言葉にはなじめません。

サービスを、「提供する側」と「受ける側」にとって大切なことは、「心と心の交流」です。互いに「誠意のある対応」が大切です。

すなわち、人と人とが接するのですから、「処理」より、「対応」という言葉を使用した方が、より適切だと思います。

「事務的な対処」より、あくまで「真摯な態度で臨みますよ」ということです。

次回に続きます。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1395《正しく使用したい慣用句。「気がおけない」「的を射る」の使い方》

言葉は感性そのものかもしれません。美しい言葉を沢山持っている人は、それだけで魅力的です。特に日本は四...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1394《厳寒の中のぬくもり!苦労を経験すればするほど人は磨かれる》

この冬最大級の冬将軍が居座っていますが1月20日は二十四節季の一つ「大寒」で、一年で最も寒い時期です。ま...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ