コラム

 公開日: 2012-05-07 

マナーうんちく話238≪美人の条件≫

日本は南北に細長い国ですから、四季を通じ様々な花を愛でることができます。
厳寒の頃、百花に先駆けて咲く梅。
春爛漫の頃、華やかに咲く桜。
共に日本人の心を魅了する美しさが有りますが、その後に続く牡丹や芍薬も格別です。

例えば、その人がそこにいるだけで、場が明るくなり、気分が良くなる。
そんな素敵な人を、ホテルでの接客の仕事を通じ多々お見かけしました。

そして、本当に素敵な人とは、ただ外面が美しいばかりではなく、内面の美しさも兼ね備えている人ではないでしょうか?

今ではすっかり、口にしたり耳にしたりすることが無くなりましたが、
「立てば芍薬(しゃくやく) 座れば牡丹(ぼたん) 歩く姿は百合(ゆり)の花」という、美人を形容する言葉をご存知でしょうか?
また、そのように素敵な美人が近くにいますでしょうか?

芍薬と牡丹は共にボタン科の植物で、とてもよく似ていますが、「芍薬」は草で、茎の先端に花を咲かせるので、立ってみるとより美しいと言われています。

また「牡丹」は低木で、横向きの枝に花をつけるので、座った状態で眺める方が綺麗だそうです。また咲く時期も牡丹は4月中旬頃に咲きますが、芍薬はその後に咲きます。ちょうど今頃ですね。

さらに6月になると「百合」が甘い香りと共に咲きますが、この姿は歩きながら鑑賞するのがより美しいとか・・・。

芍薬、牡丹、百合の花。
それぞれ個性的な美しさを秘めていますが、現代の女性もしかりですね。


時代は大きく変わり、美人の定義も様々に変化したとはいえ、いつの時代も、「外見の美しさ」に、「内面から醸し出される魅力」が加味されれば最高ですね。

ところで美人と言えば、「小野小町・楊貴妃・クレヲパトラ」が日本ではよく登場します。
いわゆる「世界3大美人」ですね。
しかし、世界3大美人は、その国々の人達が都合のよいように勝手に決めているだけで、これといった決定版はないようです。従って小野小町も日本だけで通じるようです。

いずれにせよ、ここでの美人とは、色々な説が有りますが、当然外見的な魅力もさることながら、知性や教養、さらに男性をも手玉に取れる巧みなコミュニケーション能力まで有していたのではないでしょうか?

芍薬・牡丹・百合・小野小町・楊貴妃・クレヲパトラとまではいかないにせよ、自分なりに身も心も美しくなるよう、常に磨きをかけたいものです。

今の日本はとても豊かです。
ファッションセンスもメイクの技術も世界屈指です。
さらに外国人女性には真似のできない、「立ち居・振る舞いの美しさ」も身につけています。

そこで、それらの美しさに、「心の美しさ」を加味させれば、日本人女性は、名実ともに世界屈指の美人になれるのではないでしょうか?

今薫風と共に、芍薬が見頃を迎えており、何とも言えない清楚な雰囲気を漂わせています。牡丹の花言葉が「富貴」「誠実」に対し、芍薬は「つつましやか」「はじらい」です。
日本人女性ならではの言葉だと思いますが、それに倣い、いつもよりひと味違った素敵なマナーを発揮されてみるのもお勧めです。

5月・6月は、公民館・教育センター・ホテル等で、和室における美しい立ち居・振る舞い等の講座が始まります。

何かと慌ただしい世の中です。たまには和室で、先人が築いてきた日本の美しさを、落ち着いて味わうのも良いことですね。

そして今、国際化が急激に進展していますが、国際化が進展すればするほど、自国の素晴らしい文化や礼儀作法を積極的に、世界に向けて発信したいものです。

世界で一番美しい女性像!
それは着物を着た日本人女性が、凛とした姿で、畳に正座している姿であり、それに伴う立ち居振る舞いの美しさだと、私は思っています。
そしてこの美しさは、是非、後世にも伝えていきたいと願っております。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ