コラム

 公開日: 2012-05-02 

マナーうんちく話236≪かわいい子には旅を!≫

5月に入り早くも「クールビズ県民運動」がスタートしました。
10月末まで続くそうです。

日中の最高気温が、25℃以上の日を「夏日」、30℃以上の日を「真夏日」、そして35℃以上の日を「猛暑日」もしくは「酷暑日」と言いますが、5月5日は「夏が立つ」日です。

夏が立つ日、すなわち二十四節季の一つ「立夏」で、「夏になったよ」という意味です。
この頃になると、大地は草で覆われ、山々の木々は繁り、そして啓蟄の頃に目覚めた蛙が泣き始める頃でもあります。

加えて、心地良い風が吹き、晴天が続き、アウトドアを楽しむのにもってこいの頃で、子ども連れの観光客がピークを迎えます。

そして、5月5日は「端午の節句」であり、「子どもの日」でもあります。
初夏のすがすがしい陽気と共に、子どもの未来が祝福できて最高の日ですね。

子どものいる家庭では、プレゼントを用意したり、ご馳走を作ったり、家族ぐるみで旅行したり、あるいは、ちまきを食べ菖蒲湯に入る人も多いと思います。それらについては、2011年5月3日の「マナーうんちく話72《なぜ鯉が空を泳ぐの?》」を参考にして頂くとして、今回は、「子どもの日」を、従来より異なる視点でとらえてみたいと思います。

「かわいい子には旅をさせよ」という諺をご存知でしょうか?
同じような諺が動物の世界にも有ります。
「ライオンは子を谷底に落とす」です。

いずれも、「子供を甘えさせて育てるより、辛いことや苦しい事を経験させた方が良い」という意味です。
要するに、「かわいい子供をハッピーにするためには、好きなものを与え、したい事をやらせるより、子どもが幸せになれるための習慣・知識・スキル・方法等を教えた方が良い」という意味です。

この「かわいい子には旅をさせよ」という僅かな言葉には、子育てや教育に携わる大人が学び、実行しなければならない、尊い教えや知恵が凝縮されていると思います。
特に、子どものいじめや不登校が、全国でも最悪レベルにある、岡山県の大人に参考にして頂きたいものです。

もともと日本は昔から、「親が子どもを大切にする国」だといわれております。
万葉集に、「白銀も小金も玉もなにせむに まされる宝子にしかめやも」という、奈良時代を代表する歌人、山上億良の短歌があります。
「いかなる金銀財宝も子宝にはかなわないよ!」という意味ですね。

「子どもの過保護」が社会問題になって久しいですが、「子供をかわいがる」ことは、今も昔も変わらないようです。とても尊いことです。

しかし、「不登校」「いじめ」「校内暴力」「自殺」等は感心できません。
さらに、電車内・ストア・レストランなどにおいて、子連れのお母さんの信じられないような光景に出くわすことも、最近特に多くなってきた気がします。
子どもへの過保護、それでいてマナー無視の親が増加傾向にある気がしてなりません。
皆さんは如何でしょうか?

日本は、67年間戦争にも無縁で、物質的にも大変恵まれ、教育水準も非常に高い国なのに、このような状況下にあるとは、なんとも勿体ないことです。
勿論、相対的に立派な親も多く存在しますが、概して、日本の親は子供に甘いようです。
甘えかして可愛がることを「猫可愛がり」といいますが、少子化になり、そんな傾向が特に強まっているようです。

そのようにして育てられた子供が、本当に幸せになれるのでしょうか?
キャリア教育やマナー指導を通じ、多くの学生と接して、そのような思いを強めています。

そこで、「こどもの日」にちなみ、可愛い子どもを将来幸せにするために、家庭でマナーをしっかり教えることをお勧めします。

子どもが学校を卒業して、社会人として立派に自立できるか否か?全ては親にかかっていると言っても過言ではないと思います。
ナポレオンは「子どもの運命は全て母親に委ねられている」といっています。
幼い頃からのマナー教育は、親が子供にしてあげられる最大最良のプレゼントです。

次回に続きます。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1368《二十四節気の一つ「大雪」と「イルミネーション」》

最近公民館、女性大学、地域、教育委員会、諸団体等からの「年中行事」に関する講演依頼が増えてきました。10日は...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1367《大切にしたい服装のマナー》

「クールビズ」や「ウオームビズ」が浸透したせいで、服装もかなりカジュアルになり、個性が尊重されるようになり...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ