コラム

 公開日: 2012-04-20 

マナーうんちく話229≪穀雨と飲水思源≫

四季の美しい日本では、吹く風や、降る雨や雪にも、それぞれ吹き方や降り方、そして吹く時期や降る時期により、とても美しい名前が付けられています。
皆さんは、風や雨や雪の名前を幾つご存知でしょうか?

ちょうど今頃の季節でしょうか、春に降る、あまり強くない雨を「春雨(はるさめ)」と言います。また、前回お話しした「菜の花」が咲くころに降る長雨を「菜種梅雨」と言います。加えて、桜の花が咲いている頃に降る雨は花弁が雨で散るので「花チラシの雨」と名付けられています。以後、5月の「五月雨(さみだれ)」、6月の「梅雨(つゆ)」と続きます。

このように、その時期にふさわしい美しい名前で呼ばれ、生活の中にすっかり溶け込んできた日本の雨は実に多様ですが、中でも春の雨は、温かい感じで、のどかで、優しい印象が漂います。さらに万物の命を育む恵みの雨です。

そして、暦通りに雨が降りましたが、4月20日は二十四節季のひとつ「穀雨です
「穀物を育てる雨」という意味ですが、この時期の雨は穀物のみならず全ての植物の生長を促し、野も山も穀雨の恵みを一杯受け新緑がさらに増してきます。
勿論、農業にとっても大変ありがたい雨です。

しとしとと長く降る雨に、気分も重くなる人も多いと思いますが、穀物や野菜が大きく成長するために必要不可欠の雨です。
「嫌な雨」だと思わないで、「恵みの雨」だと有り難く感じて下さい。

「月さま、傘を・・・」と舞妓さんが傘を差し出すと、
「春雨じゃ、濡れてまいろう・・・」と月形半平太が答える。
この有名なフレーズは中年以上の方はよくご存知だと思います。

この「濡れてまいろう」の意味は、「雨に濡れながら風流を楽しむ」のか、「傘をさしても無意味なほど激しい雨」なのかは解りません。
確かに春の雨は、温かくて、優しくて、万物の成長を促す恵みの雨ですが、時には心身ともびしょ濡れにする激しい雨も有ります。油断大敵です。

ところで雨に関する、「飲水思源(いんすいしげん)」という諺をご存知でしょうか?

「水を飲む時は井戸を掘った人の事を思い出せ!」という諺が中国に有りますが、似たような意味ですね。

日本は綺麗な水にも恵まれ、水道も津々浦々まで普及しているので、今や私たちは蛇口をひねれば簡単に水を飲むことができます。しかし昔は用水路を、主に池や川から取らなければいけなかったので、それに費やした時間・経費・労力は大変なものでした。

従ってこの諺の意味は「水を飲む時にはその本減を思い出しなさい!」という意味と、「
人から受けた恩は忘れてはいけない!」と言う意味、さらに「何事にも感謝の気持ちを忘れてはいけない!」という戒めも有ります。

このコラムで何度も登場しましたが、日本には食前と食後に発する感謝の言葉が有ります。
食材に感謝する「いただきます」と、料理を作ってくれた人に感謝する「ごちそうさま」です。なにを、どうして頂くかと言えば、「動物や魚や野菜の命」を「私の命を永らえるため」に頂くわけですが、その命の源は実は「水」なのです。


日本は第二次世界大戦で大きなダメージを受けましたが、その後、持ち前の勤勉さで見事立ち直り、「経済大国」「技術大国」「長寿の国」になりました。
今の日本の水道技術は世界屈指です。

しかし一方では、水や土壌や大気が汚染され「公害」という言葉が生まれました。
しかも日本の公害の原点だと言われている「水俣病」は、1956年に発表され、1996年に和解が成立するまで、実に40年経過しています。
どれほど多くの人々が苦しんだか、想像を絶するものが有ります。

その苦い記憶が冷めないうちに、今度は原発事故により大気や水が放射能で汚染されました。勿論、原発の必要性の有無は、それぞれ意見が分かれるところです。
しかし、今の日本の本源を作ってくれた先人たちに、感謝の念を抱き続けることはとても大切です。「恩をあだで返す」ことは断じていけません。
19日のテレビのニュースで福島県富岡町の有名な桜を「防護服」を着て眺めているシーンが報じられましたが、胸が痛みました。

これから一雨毎に新緑が美しくなります。さらに、寒くもなく、暑くもなくの快適な日々がしばらく続きます。そして穀雨の終わり頃はゴールデンウイークです。八十八夜・憲法記念日・緑の日・子どもの日と楽しいイベントが目白押しになります。
その前に、「飲水思源」の視点で色々と考えてみるのもお勧めです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《出会いを活かせる自信がありますか?》

11月7日の「立冬」から11月22日の「小雪」、さらに12月7日の「大雪」と気候が移ろっていくわけですが、...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ