コラム

 公開日: 2012-04-07  最終更新日: 2012-04-14

マナーうんちく話223≪桜花薫る頃の優雅な花見≫

花見便りに心が浮き浮きする頃です。

当たり前のことですが、本来、「花見」とは、桜の花を眺め、愛でることです。
しかし、ご馳走と共に桜の美しさや華麗さを楽しむだけでなく、周囲の風情と桜の花の調和、さらにその雰囲気までも楽しむことができれば、同じ花見でもさらに楽しくなります。

だからこそ、晴れの国岡山には岡山の、四国には四国の、山陰には山陰の、そして北国には北国の花見の個性が存在するのではないでしょうか?

昨年は自粛ムードも漂いましたが、今年はお花見を予定している人も多いと思います。
お花見の計画は、「何時」「どこで」「どのようなスタイルで」「いくらの予算で」「誰と」等がポイントになります。

職場やサークル単位で、宴会を伴いながらの賑やかな花見も有れば、一人きりで、あるいは大切な人と二人だけで等など、色々な楽しみ方が有ってしかりですが、ここでお花見の際のマナーに触れてみます。

○桜の枝を折らないでください。
桜はとてもデリケートです。枝が折れたらすぐに適切な処置をしないと枯れてしまう恐れが有ります。

○桜の木の下には入らないでください。
桜の木の下で、ビニールシートを敷くと、とても根に負担がかかります。特にソメイヨシノは自生の桜に比べて弱いので労わってあげて下さい。同じ敷物でも「むしろ」や「ござ」は通気性が有って優しいですね。
ちなみに、桜の花が張っている下までは根が有るそうですので、その範囲内は避けた方がいいですね。

○場所取りも必要最小限にして下さい。
良い場所を少しでも広く!と思うのは常ですが、他者の事も気に掛けて下さい。
特に新人の幹事が、そのようなマナー精神を発揮して場所を狭く取ったら、先輩諸氏はその精神をけなす事無く褒めてあげて下さい。これが無いと互いの信頼関係は築けません。

○どんちゃん騒ぎをしない。ごみ処理や後始末をキチンと済ませて帰って下さい。
特にパブリックスペースでの飲み食いに伴うマナーは大切です。
そして、立つ鳥跡を濁さず!です。

○寒さ対策もお忘れなく。
桜や環境や他者に対する配慮はとても大切ですが、自分自身の事もしっかりガードして下さい。「男(女)心と春(秋)の空」と言われるように、春の天気は変わり易いのが特徴です。

ところで、冒頭に、花見とは桜を眺め愛でることだと申しましたが、桜を眺め、愛でる人を「桜人(さくらびと)」といいます。

最近、旬の話題として、テレビでも新聞でも、お花見の模様と「花見客」の様子やコメントが紹介されています。
内容は殆ど毎年同じような気がしますが、あまり「桜人」という表現は見かけませんね。

そこで今年は、花見の仕方を少し変えて見て、大切な人と一緒に「桜人」になられる事をお勧めします。

昨年の秋、紅葉狩りのコラムでも既にお話ししましたが、花見にせよ、紅葉狩りにせよ、どこで、どんなスタイルでするかより、「誰とするか」が、心豊かな生活をするにはとても大切だと感じます。

一人暮らしの人は、「大切な人」を見つけられる事をお勧めします。そのヒントはこのコラムの中に沢山あります。勿論一人での「桜人」も格別です。

また、「大切な人」がいる人は、共に「桜人」になることで、より絆が深くなります。
このような時間を共有することはとても大切です。
大事にして下さいね。

「花は桜木人は武士」、「梅と桜」。
「桜は7日」、「3日見ぬ間の桜かな」。

「さくら」に関する諺は多々ありますが、大きく分類して、前者のように美しさや華やかさを例えているものと、後者のように潔さや儚さを表現しているものが有ります。
いずれも、日本人が大切にしてきた心意気です。

今年は少し指向を変えて、「桜人」になり、ちょっぴり優雅なお花見をしてみませんか?
この時期ならではの至福のひとときです。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1620《雨水!春の雨で鋭気を養い、自分らしい花を咲かせよう》

雪が多い年は豊作になるといわれていますが、「瑞花(ずいか)」という吉兆を表す言葉があります。雪が多く降...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1619《ブランド志向とティファニーのテーブルマナー教本》

今の子育ては間違いだらけ!?教育者ではないので、子どもの教育のことはよくわかりませんが、若者の様々な研修...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1618《どう思う?「ブランド志向」》

頭の先からつま先まで!ブランド商品で固めた人をよく見かけるようになりました。それだけ物が豊かになった...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1617《今流の男の礼儀作法③「礼儀作法は本来男のために作られた」》

マナーに関する講演や研修をかれこれ1000回近く行っていますが、その9割以上は学生、若者、女性対象です。...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1616《今流の男の礼儀作法②「今、改めて礼儀作法とはなに?」》

【希薄になった日本人の礼儀作法】朝、家族、地域、学校、職場等で人に会ったら「おはようございます」と挨拶が...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ