コラム

 公開日: 2012-04-04  最終更新日: 2012-04-14

マナーうんちく話222≪なぜ桜で花見をするの?≫

「春は嵐と共にやって来る!」と言われますが、3日は大変でしたね!
今年は厳しい寒さの影響で少し遅れましたが、ついに晴れの国岡山でも桜が開花しました。

ところで、桜は咲き始めると日本中が花見のシーズンを迎え、多くの日本人が花見に浮かれるわけですが、なぜ他の花や木をさしおいて、桜だけに人気が集中するのでしょうか?

考えられる理由として
・一斉に咲き10日くらいで潔くパッと散るから。
・華やかであるから。
・多くの出会いが有るお芽出度い時期に咲くから。
・夜になってもしぼむ事無く咲いたままであるから。等が有りますが、この他、稲との関連も大きな理由として挙げられます。

早乙女、早苗等、「さ」と言う字は実は「稲」に関連しています。
そして、桜は「さ」と「くら」に分類されますので、稲の神様の蔵、平たく言えば「田の神様」の「より代」であるということのようです。
だから、昔の人は、その年の桜の咲き具合や散り方により、収穫を占ったわけですね。

誇らしげに華やかに桜が咲けば、その年の稲は豊作になります。
また、ヒラヒラト美しく桜の花びらが散って行くことにより、併せて疫病も散って行くと考えられていたのでしょうね。
従って、当時の花見には深い意味が有ったわけです。

ちなみに万葉集に詠われている歌(短歌)は、桜よりはるかに梅が多く、この頃の花見と言えば梅が対象になっていたのでは、と推察できます。それが、武士が現れ始めると、梅から桜へと価値観が変わり、江戸時代には、花見は庶民の娯楽として定着したというのが有力です。
現代でもその遺伝子は脈々と引き継がれ、短歌ではありませんが、「桜の曲」は膨大な数になります。

また、花や歌もさることながら、「花より団子」という人も多いのではと思います。
江戸中期に、花見がすっかり庶民の娯楽として浸透してくると、それに伴い「花見団子」が登場してきます。
ちなみに紅・白・緑の3色の花見団子は、「紅」と「白」でめでたさを表現し、緑は雛祭りの緑色の菱餅と同じ草木の色で、豊作と邪気を払うといわれています。

「めでたさ」「豊作」「邪気を払う」。
一見素朴とも思える団子にも、実に様々な思いが込められているのです。
江戸時代には外食産業がとても発展したと言われますが、花見シーズンになると、どこの店でも競って花見団子の売り出しに懸命になったのでしょうね。


最近は、職場での花見は減少しているが、高齢者の間では需要が増えているとか・・・。
昨年は東日本大震災の影響を受け自粛ムードが高まっただけに、今年はにぎやかに楽しく行いたいものです。

でもその前に改めて、温暖な気候と平和と豊かさに恵まれていることに感謝したいと思います。





この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1395《正しく使用したい慣用句。「気がおけない」「的を射る」の使い方》

言葉は感性そのものかもしれません。美しい言葉を沢山持っている人は、それだけで魅力的です。特に日本は四...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1394《厳寒の中のぬくもり!苦労を経験すればするほど人は磨かれる》

この冬最大級の冬将軍が居座っていますが1月20日は二十四節季の一つ「大寒」で、一年で最も寒い時期です。ま...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ