コラム

 公開日: 2012-03-30  最終更新日: 2012-04-14

マナーうんちく話220≪就職祝いと親先輩の役割≫

最近は昔と違って男女とも高等教育を受ける人が増加したので、社会に巣立つ人の年齢もかなり高くなりましたが、昔は10代前半から仕事に就く人が多かったようです。
平均寿命も短く、女性も男性も早婚だったので、当然と言えば当然なのですが・・・。

その働き方は今と異なり、一定の年齢に差し掛かると、職人や商売人の家に住み込みで働くことが前提の、いわゆる「丁稚奉公(でっちぼうこう)」が主です。昔は貧しい家が多く、子どもも沢山いたので、家の事情で早くから住み込みで働く人も珍しくなかったようです。
前回「児童労働」のお話をしましたが、日本とて、これと無縁ではなかったわけですね。

住み込みで働く利点は、衣食住は全て雇い主(親方)から面倒見てもらえますが、その代わり決まった給料は殆どありません。
一日長時間に渡り一生懸命働き、現場での実践を通じ、腕を磨き礼節を身につけ、やがて一人前になると「暖簾分け(のれんわけ)」してもらい、一人前になるケースが多かったようです。

若い時からそれなりの苦労や努力を経験し、社会性やスキルや知識も身につけて一人前になるわけですから、理想的といえば理想的だと思います。

昔は、このようにして一人前になるまでは故郷には帰れないので、「就職祝い」をしてもらうどころか、「故郷に錦を飾る」のような不退転の意気込みで仕事をしたわけです。
結婚する時の心構えもしかりです。

そして、自分が一人前になったら、今度は親方として新たな丁稚奉公人を受け、その人を一人前に育てて行く、というような実にすばらしい循環が有ったようです。
ちなみに、この丁稚奉公は江戸時代から戦後間もない頃まで約200年間続いています。

明治時代になると日本の教育はさらに充実し尋常小学校への入学率はほぼ100パーセントになりました。その背景には、「働くに当たり、しっかりした教養や知識を修得しなければ!」いう考えが高まっていたのだと思います。
これが今の日本の繁栄の基になったのではないでしょうか。

今でも、丁稚奉公から身を起こし、日本を代表する経営者や指導者になられた方は大変多く存在します。このような方の言葉には、何とも言えない重みが感じられます。

ところで、最近では若者の就職が難しくなり「就活」といわれる言葉が生まれ、苦労している学生が多いのが現実です。それだけに就職が決まった時の喜びはひとしおでしょうね。私も以前、岡山県教育委員会の「キャリア教育支援員」として、高校生の就職指導に係わっただけに他人事ではありません。

就職祝いとしての贈り物は、できれば本人の希望を聴いてあげるのがお勧めです。
もし自分で選びたいのであれば、社会人としてこれから必要な腕時計とか名刺入とか鞄等もお勧めです。勿論本人の好みのデザインも有りますが、「大切な人からの心の込もった贈り物」となれば、喜んで使用してくれると思います。また「商品券」等もお勧めです。
また、贈るタイミングは、卒業後から就職前です。

お金を贈る場合は、赤白の蝶結びの水引に熨斗つきで、表書きは「祝御就職」「御祝」「御就職御祝」等がいいでしょう。
家族揃ってレストランなどに行くのも良いですね。
喜びの食卓は笑顔が良くお似合いです。堅苦しい雰囲気にならないように注意しながら、親として社会人の心構えをしっかり教えて下さい。

最後に、新入社員・職員を迎える側ですが、「良好な人間関係」を築いてあげて下さい。
率先して、挨拶するとか言葉をかけるとか、笑顔で優しく接するとかが何より大切です。

「入社(入所)おめでとう!」の言葉も、もったいぶらずに、どんどん発して下さい。
そもそも、「おめでとう」の意味は、「新しい命の誕生と息吹」を表現する祝いの言葉で、漢字で書くと「お芽出度う」です。

この言葉は、言われた方も、発する方も、周囲で聴く人にも好感を与える言葉ですから、何度発しても良いのです。

就職祝いは、品物ばかりが贈り物ではありません。
「入社おめでとう!」の「言葉の贈り物」もまた格別です。
すでに何度も言いましたが、この言葉を発する時には、「相手の目を見て」「笑顔で」がポイントです。ぜひ実行して下さい。

今、若者の「離職率」が大変増え大きな社会問題になっています。大半は当事者の人間関係構築能力の低さに有ります。また昔の人みたいに不退転の決意も持ち合わせておりません。さらに、現代社会特有の職場での人間関係の希薄化があります。
従って、迎え入れる先輩の在り方はとても大切です。どうか、率先していろいろと働きかけて下さい。これが何よりの就職祝いだと思います。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

32

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1369《幸運を呼ぶ「運盛り」のお勧め》

国土の7割以上を山で覆われている日本では、四季折々の山の様子を人に例えて非常におおらかな表現をしています。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1368《二十四節気の一つ「大雪」と「イルミネーション」》

最近公民館、女性大学、地域、教育委員会、諸団体等からの「年中行事」に関する講演依頼が増えてきました。10日は...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1367《大切にしたい服装のマナー》

「クールビズ」や「ウオームビズ」が浸透したせいで、服装もかなりカジュアルになり、個性が尊重されるようになり...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ