コラム

 公開日: 2012-03-26  最終更新日: 2012-04-14

マナーうんちく話218≪話し上手は褒め上手≫

突然ですが、「聞き上手」「話し上手」「ほめ上手」のうち、良好な人間関係を築く上で、最も効果が期待できるのはどれだと思いますか?

「ほめ上手」が一番で、次に「聞き上手」、そして「話し上手」だと言われております。

マナーは「思いやりの気持ち」を抱き、それを言葉や態度や文章で具体的に表現することです。そして「思いやりの気持ち」とは、相手に「不快感を与えないこと」と「好感を与えること」という二つの側面を有します。

そして、話しを聴いてもらったり、上手に話をしてもらうより、褒められた方が、ずーと気持ち良くなり、思いやりの気持ちが強く伝わります。


それでは、皆さんは、人の良いところを見つけて、それを口に出して褒めることは得意でしょうか?

私の場合は、接客業でしたから、常に「聞き上手」になることと「ほめ上手」になる事を心がけ、かなり努力を積みました。

お客さんの話を聞くことは、そんなに苦労しませんでしたが、正直言って、お客さんを褒めることは、かなり苦労しました。
しかし、一旦このスキルを身につけると、思わぬ効果が多々あります。
是非お勧めです。

そして、人を褒めるには、先ずその人の良いところを見つけ、それを、心を込めて褒めることです。「心を込めて褒める」ということは、上辺だけで褒めないということです。
また私の経験から言えば、外見的な面を褒めるのも良いですが、その人の性格を褒めてあげればなおいいです。勿論ケースバイケースですが・・・。

その大前提として、今までお話ししてきた、「人の話しをしっかり聞く」ことと、その人をしっかり「観察すること」も大切です。
さらに感性も必要です。そのためには、自然を観察したり、すでにお話ししたように、花の名前や花言葉を覚えることもお勧めです。

以前「衣食足りて礼節を知る」というお話をしましたが、相手を褒めるにあたり、自分自身をしっかり褒めてあげることは必要です。

また、人を育てる時も同じだと思います。
良いところを見つけ、大なり小なり褒めてあげることが大切です。


勿論、褒めるばかりが能ではありません。「叱ること」や「注意すること」も当然必要です。
特に、相手に対し不快感を与えるようなことが有ればなおさらです。
例えば、人の悪口を言ったとか、だらしない恰好をしている時等は、その場で凛とした態度で臨むことが必要と考えます。

但し、人を指導したり教えたりする時は、「叱ること」はまず有りません。
良いところを見つけ褒める。これにつきます。特に指導的立場にある人にお勧めです。

また、「もてる男」は「聞き上手」・「ほめ上手」と言われますが、「もてる女性」も、しかりだと思います。

ところで、昔の人は、褒めることについてはどうだったのでしょうか?

豊臣秀吉や、日本帝国海軍の山本五十六元帥も、人を褒めて使うのが実に上手だったそうです。日本を代表する武将ともあろう人が・・・、意外ですね。

また、アメリカ合衆国16代目大統領だったリンカーンは、「人は誰でも褒められることが好きなのだ。」という名言を残しています。

古今東西、老いも若きも、男も女も、褒められて怒る人はいないようですね。
私も、33年間のホテルでの接客の仕事を通じ確信しました。

加えて、孔子の発した、「人を褒めるならカケホメがいい」という言葉が有ります。
「人を褒めるなら、直接褒めるより、誰かを通じ間接的に褒めるほうが良い」という意味です。これもお勧めです。

それでも、褒めることが苦手なら、今日の天気を褒めることから始めて下さい。
天気を褒めるとは、晴れても、曇っても、雪が降っても、雨が降っても、それらを前向きの言葉で表現することです。

「相手を褒める」。
新年度に当たり、夢の種まきに是非加えて下さい。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1415《上司から嫌な仕事を頼まれた。どうする?》

「1月はいぬる、2月は逃げる」と言いますが、1月2月は何かと多忙で、あっという間に時間が経過するのでこのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1414《生活文化の根源をなすお稲荷さんと米作り》

都会に住む人はアスファルトの道しか見えませんが、土がいくらか湿り気を含み出し、大地が潤い目覚める頃です。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1413《どちらが大切?「見た目」と「中身」》

山や野の情景に春霞がたなびき、風情が漂う頃です。ところで「霞」と「霧」の違いをご存知でしょうか?霞は...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1412《どこにでもいる嫌な上司。どう接する?》

「春一番」の季節になりました。春一番とは、「立春」から「春分」にかけて吹く強い南寄りの風ですが、昔から「...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ