コラム

 公開日: 2012-03-10  最終更新日: 2012-04-14

マナーうんちく話212≪好感の持たれる話術とは?≫

対話において発せられる言葉は、話し手の敬意・感謝・思いやりの心を始め、その人の教養や生まれ育ちまであらわします。
だから、ビジネスマナーでも「敬語」に重きが置かれるのだと思います。
しかし、形ばかりが前歩きするのではなく、先ず心を込めることが大切だと感じます。
次に、それに伴った美しい言葉が発せられればいいのですが、正直言って、敬語の使い方は大変難しいのが現状です。

そして、その人の「会話スタイル」は大体中学生の頃までには確立されるそうですから、ひと歳重ねて会話を変えようとしても、さらに困難です。
しかし、仕事でもプライベートでも、品の良い言葉遣いを余儀なくされるシーンは多々あります。

そこで今回は、誰でも、簡単にできる、とっておきの会話術を紹介します。
これだけで好感度がグーンとアップします。是非参考にして下さい。

先ず、最初にお勧めすることは、自分自身を美しく表現することです。
このことは、美しい言葉を発する基本中の基本です。

以前、マナーの大前提は「自分を大切にすること」だと申しましたが、言葉遣いもしかりです。日本語には一人称がとても沢山存在します。その中で一番美しい言葉は、「わたくし」です。自分のことを「わたくし」と呼ぶだけで品が上がり好感度は大きくアップします。

次に「すみません」と「ありがとう」の使い方を明確にして下さい。
人に「お願いする時」、「謝る時」、「お礼を言う時」に、よく「すみません」という言葉を発します。殆どの人がこの言葉に慣れきっていると思います。

たしかに「すみません」はとても便利で都合のいい言葉です。
しかし「すみません」の本来の意味は、「謝っても、謝っても済むことではない」という「謝罪の言葉」です。
ちなみに、「すみません」をより崩した言い方が「すいません」です。

従って、人に何かをお願いする時には「恐れ入りますが・・・」、謝る時には「申し訳ありません」、お礼を言う時には「ありがとうございます」の言葉を使用されたらいいです。

特に良好な人間関係を築く上で、一日に何回も発したい言葉は「ありがとう」です、

私がホテルマンになって最初に配属されたセクションは、「フレンチレストラン」と「ダイニングルーム」でした。
殆どが外人のお客さんでしたが、その人達にから教えていただいたことが沢山あります。
「挨拶」「笑顔」「レディーファースト」等など。そして「ありがとう」の言葉です。

テーブルに案内する時、椅子を引く時、メニューを提示した時、水を持って行った時、料理を持って行った時、勘定を支払ったり伝票にサインをする時、全てにおいて必ず「サンキュウ」の言葉を発せられます。

この「ありがとう」という言葉は、日本人の苦手な言葉だと思いますが、発する人も、発せられた人も、周囲でその言葉を聞いた人も心が温まります。だから「幸運の言葉」「魔法の言葉」「天国言葉」等と呼ばれています。
一日に、何回も、何十回も発したい言葉です。

さらにつけ加えるなら「です」「ます」程度の、簡単な敬語になれることです。
自分の事を「わたくし」と言ったら、終わりの言葉も自然に「です」「ます」になります。

自分の事は「わたくし」という表現、「すみません」に変わる適切な言葉。
「ありがとう」の連発、そして「です」「ます」。
これらは、殆ど練習するまでもなく、いつでも、どこでも気軽に発せられる言葉です。

しかし、その効果は大きいと思います。
ぜひ、日常生活に多いに取り入れて下さい。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1531《頼りにされる人になるための心構えとは?》

彼岸過ぎに街を歩いていると、秋の風に乗って、どこからともなくいい匂いが漂ってくることがあります。小さなオ...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1530《人から頼りにされていますか?》

庭や野山の草花に宿る白露が秋の趣を深めるようになったら、春にやってきたツバメが日本から遠のき、南へと移動し...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1529《365日を心豊かに彩る季節の美しい言葉「秋の七草」》

めっきり涼しくなった空を見上げるとウロコ雲が小さな群れをなしています。夏の入道雲のような逞しさは感じられ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ