コラム

 公開日: 2012-03-06  最終更新日: 2012-04-14

マナーうんちく話210≪仰げば尊しと卒業祝い≫

一雨ごとに確実に暖かくなり、春の訪れを実感できる頃になりました。
そして、その春の訪れを告げてくれるのが、春告草の「梅」であり、春告鳥の「鶯」です。ちなみに、春を告げてくれる草木や鳥は一種だけですが、春を告げてくれる春告魚は色々存在します。例えばソーラン節で歌われている「ニシン」、さらに「メバル」、そして瀬戸内海地方では「いかなご」、加えて岡山県人にはなじみの深い「鰆」もそうです。
また、山々には「霞」がたなびき始める頃でもあります。

そして、この時期の歳時記と言えば「卒業式」ですね。
すでに終わっている学校もありますが、これからという学校も多いと思います。

卒業式と言えば、私たちの世代は、なんといっても、「仰げば尊し」が定番でした。
明治の中頃から謳われ始めた文部省唱歌で、卒業していく生徒や学生が、お世話になった先生や職員に感謝するとともに、在学当時を振り返る歌で、「蛍の光」や「君が代」とともに、忘れ難い歌ですね。

しかし、言葉の意味が難しいとか、立身出世を奨励しているとかの理由で、次第に影をひそめて行ったのはご承知の通りです。一方、師(先生)に対する恩を感じなくなったことも大きな原因ではないでしょうか?

本来、欧米思想であった、「個の尊重」は、今の日本では常識です。
さらに「人はみな平等」という考え方もすっかり根付いています。

しかし、私は日本人が遠い昔から育んできた「和の精神」はいつまでも大切にしなければいけないし、また、「親は子より偉く、先生は生徒より偉くあるべき」だと思っています。

マナーの根源をなすものは、「感謝・敬意・思いやり」です。
在学中に色々な事を教えていただいたことに対し感謝し、それを歌で表現することは、マナーの視点からすると、誠に理にかなっていると思います。
いつまでもとどめてほしい曲ですが、「時代の流れ」とともに、感謝の心も流してしまうのは勿体ない限りです。

子どもや生徒が、親や教師に感謝することは基本的なことです。そして、その感謝の心を具体的に表現するスキルは、学生時代にきちんと修得するべきです。これができないと、社会人になって、多様な人との人間関係は築けません。
何もかも複雑多様化してきたので、躾も教育も本当に難しい時代になったと痛感します。


ところで、卒業という節目に当たり、「卒業祝」や「就職祝」を、したり、されたりするケースが多々ありますので、今回は、それについても触れておきます。

「卒業祝い」も「入学祝い」も基本的には家族・親族など身内で行います。ごく親しい場合は友人も参加します。卒業してこれから社会人になる時には特に祝ってあげて下さい。

お祝いの現金を送る際は、紅白の水引、蝶結び、熨斗つきで、表書きは「御祝」「祝御卒業」「就職御祝」です。

また、お祝いを頂いた場合は、品物での「お返し」は不要ですが、お礼を、口頭か手紙でして下さい。口頭で述べる時はキチンと相手の目を見てはっきりと述べさせて下さい。
手紙は、子どもが小さい時には親が代書しても構いませんが、少なくとも中学生以上でしたらぜひ、本人に書かして下さい。

お祝いを頂いたらお礼をする!
とても大切なマナーです。
また、お礼をする時のポイントは、「すぐする!」です。

卒業祝いも、就職祝いも、子どもが次のステップに移行する大切な節目の御祝です、
一生懸命努力して、「卒業できたこと」や「就職できたこと」を褒めてあげるとともに、家族みんなで食卓を囲みながら、子供の未来を語るのもお勧めです。

そして、その食卓を飾るのは、「和食のテーブルマナー」でお話した、「祝い箸」と「尾頭付き」ですよ。できたら、そのいわれなんかも話題にしていただけたら嬉しい限りです。
家族の絆づくりとは、すなわちそういうことではないでしょうか?






この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1413《どちらが大切?「見た目」と「中身」》

山や野の情景に春霞がたなびき、風情が漂う頃です。ところで「霞」と「霧」の違いをご存知でしょうか?霞は...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1412《どこにでもいる嫌な上司。どう接する?》

「春一番」の季節になりました。春一番とは、「立春」から「春分」にかけて吹く強い南寄りの風ですが、昔から「...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1409《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構②》

【なにを、どのように教えるか】新人とは何もかも大きく異なるということを十分認識したうえで、あせらず、何を...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ