コラム

 公開日: 2012-02-28  最終更新日: 2012-04-14

マナーうんちく話207≪メールと対話≫

最近、自ら進んで相手とコミュニケーションを取る人が少なくなってきた感じがします。

「18歳から34歳までの未婚者で、交際をしている異性がいない人が、男性は60パーセント超え、女性は50%いる」「離婚は増加したけど結婚は難しくなった」「苦労して就職した職場を早期に退職する人急増した」「家出と自殺者が相変わらず多い」、加えて「孤独死」「無縁社会」「無縁仏」など、先進国として恥ずかしい現象が、日本人のコミュニケーションの欠如を明確に裏付けています。

由々しき事態だと思います。

コミュニケーション手段はひと昔に比べると雲泥の差が有ります。
また大学・大学院等でのコミュニケーションに関する専門教育も大変充実してきています。
「ビジネスコミュニケーション」「人間コミュニケーション」「国際コミュニケーション」「情報コミュニケーション」「異文化コミュニケーション」「メディアコミュニケーション」等など・・・。挙げればきりがないほどです。またアメリカ等からコミュニケーションに関する学問がどんどん入ってきており、それに関する資格等も多く見受けられます。
しかし、「礼儀作法学科」とか「マナー研究学科」等は見当たりません。

コミュニケーションツールや手法は大変充実しているが、コミュニケーション不足による深刻な課題はむしろ増加傾向にある、という大変矛盾した世の中のようです。

今の日本では、余程の特殊技能や能力が無い限り、誰とも仲良くしないで生活することは困難です。そして、仲良くなるためには、直接向かい合って「対話」を重ねることが必要不可欠だと感じます。

しかし、面と向かって話をするのは、苦手で、面倒くさいので、メールという手段に重きをかけている人が増加しているように思います。
勿論、ケースバイケースでいいと思いますが、メールの依存度が高くなればなるほど、直接向かい合って対話をする機会が少なくなります。
ここに、先の矛盾の原因が有るような気がしてなりません。

確かに、メールはいつでもどこでもやり取り可能で、かつ、利便性や情報収縮能力は図り切れない位優秀ですが、反面、感情は有りません。

同じ意思を伝えあうにしても、直接会って表情や態度を交えて、話をしたり、聞いたりするのと、機械的にするのでは大きな違いが有ります。

人と人とが直接会って言葉を交わし合うためには、時間や場所もきめなければいけないし、表情・態度・声の調子等にも注意しなければなりません。場合によっては嫌な思いをしなければならないし、下げたくない頭も下げなくてはいけません。
口下手の人は、言いたいことの半分くらいしか言えないこともあります。

その点メールなら、都合のよい時間に、何も気兼ねなくできるし、必要なことにプラスアルファーの事も言えます。口下手の人や多忙の人には、この上なくありがたい手段です。

しかし、それでは心と心は充分通い合いません。
無味乾燥に陥る可能性もあります。

相手に対する、「思いやり」「感謝」「敬意」は、口元から発せられる言葉もさることながら、身ぶり手ぶりの表情や態度にも大きく現れます。
直接向かい合い、対話が必要です。

最近、人間関係がうまくいかず、大きなストレスを抱えている人が多いようです。
会議をしても、上手にまとまらないという声もよく聞きます。

利便性を追求することは大切ですが、それに慣れ過ぎて楽になればなるほど、人間関係はおろそかになって来ると思います。

何もかもメールに頼るのではなく、対面してきちんと話す大切さを再認識したいものです。
電話で直接、相手の声を聴くだけでも大きく異なります。

「相手の言うことを、目を見てキチンと聴くこと」「口で思うように言えない部分は、身ぶり・手ぶりを働かせ、熱意を持って伝えること」。このような「対話」が人間関係を築く基礎になるわけです。

「対話」が出来ない人が、それよりレベルの高い「会議」をして、上手にまとまるとはとても思えません。

欧米から入って来た「コミュニケーション」という言葉を、昔から日本に存在していた「おもいやり」「対話」という言葉に置き換えてみれば、今の日本での、家庭における躾、学校における教育の在り方にも、大きな問題が有りそうに思えてなりません。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1415《上司から嫌な仕事を頼まれた。どうする?》

「1月はいぬる、2月は逃げる」と言いますが、1月2月は何かと多忙で、あっという間に時間が経過するのでこのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1414《生活文化の根源をなすお稲荷さんと米作り》

都会に住む人はアスファルトの道しか見えませんが、土がいくらか湿り気を含み出し、大地が潤い目覚める頃です。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1413《どちらが大切?「見た目」と「中身」》

山や野の情景に春霞がたなびき、風情が漂う頃です。ところで「霞」と「霧」の違いをご存知でしょうか?霞は...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1412《どこにでもいる嫌な上司。どう接する?》

「春一番」の季節になりました。春一番とは、「立春」から「春分」にかけて吹く強い南寄りの風ですが、昔から「...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ