コラム

 公開日: 2012-02-22  最終更新日: 2012-04-15

マナーうんちく話205≪口は一つで耳は二つ≫

世の中には「饒舌」な人もいれば、「寡黙」な人もいます。
すなわち、やたらに喋るタイプの人と、口数の少ないタイプの人です。
皆さんは、どのタイプでしょうか?
また、どちらのタイプがお好きでしょうか?

「人間は、口は一つなのに、耳は二つあるのはなぜだろうか?」、あるいは、「神様は人間に一つの口と二つの耳を与えられた」という諺があります。

色々な解釈が有りますが、概ね次のような意味ではないでしょうか。

○自分が一つ言ったら、相手の言うことを二つ聞きなさい
要は、「程々に喋り、しっかり相手の話を聞きなさい」ということですね。
○さらに、耳が二つある理由は、「一方の言うことのみを鵜呑みにしないで、必ずもう一方の言い分にも耳を傾けなさい」ということだと思います。

相手の話をしっかり聴き、それを理解し尊重することは、マナーの根源をなすものですが、現実には苦手な人が多いようです。
「相手の話をしっかり聴くことの大切さ」を、家庭では親が子どもにキチンとしつけ、学校では先生が生徒にしっかり教えてあげることが大切です。大人になって是正するのはなかなか困難だからです。

「饒舌」な人も「寡黙」な人も、それぞれ個性が有っていいと思います。
しかし、「相手の話が聞けない人」は、色々なタイプの人が存在しますが、いずれも褒められたものではありません。

例えば、「一つ聞いて二つ言う」タイプの人、すなわち相手の言い分は少ししか聴かず、自分の言いたいことばかりしゃべる人は、争いがおこり易いです。

さらに「聴く耳を持たない」ということになれば、最悪の場合、夫婦だったら離婚、国と国だったら戦争ということにもなりかねません。

テレビで討論会の様子を見ることが多々あります。
政治家、評論家、教育者、学者、経営者、芸能人などなど、多彩な人が登場します。テレビで中継される討論会などに出席するような人だから、さぞかし立派な方であろうと思いますが、「相手の話を聞こうとしない人」「自分の気が済むまでいくらでもしゃべり続ける人」等が結構います。これは聴いていて不快になります。

一方、自分の事は程々で、一生懸命相手の話を頷きながら聴いている人もいます。
こちらは、とても好感を覚えます。


神様が、人間に、口を一つ、耳を二つ作られたのは、「程々に喋り、しっかり相手の話を聞きなさい!」と諭して下さったからに他なりません。

当然、人の心の内は目には見えません。
だったら、人の話をしっかり聴き、その人の事を理解することが大切です。

会話は「話す」と「聴く」のほかに「沈黙」から成り立ちます。
しっかり聴き、程々に話し、僅かの沈黙が理想です。

日本には「おくゆかしい」という大変美しい言葉が存在します。
「あなたの奥」、すなわち「あなたの心の奥に行きたい」という意味です。
要は「貴方の事をもっと理解したい」ということです。

初対面の人と話をする時、聞き役に徹し、後になって、相手から「私ばかりしゃべって貴方の事が聞けなかった。また会って貴方の事を詳しく聞きたい」と思わせることが大切です。

コミュニケーションの基本は先ず相手の話を聞くことからです。




この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1433《女性の社会進出とレディーファースト文化②》

日本では男性優位の生活が長かったので、女性は控えめが美徳とされていましたが時と場合によります。明治に入...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1432《女性の社会進出とレディーファーストの文化①》

桜前線や花見情報などこれからしばらくは桜の話題で盛り上がる時期ですね。科学が発達したおかげで最近では桜...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1431《日本の幸福度と教育と感謝の心》

全国のトップを切って3月21日に早々と東京で桜の開花宣言がなされましたが、これから順次「桜前線」が日本列島を南...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1430《中高年に課せられた高度なマナーとは?》

日本では「春は嵐と共にやってくる」といわれますが、西洋では「春はライオンと共にやってくる」と言われます。...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1429《「弊社」と「当社」、好感をもたれるのはどちら?》

和風月名では3月は「弥生」ですが、他にも「雛月」「桃見月」「花見月」そして「夢見月」があります。いずれ...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ