コラム

 公開日: 2012-02-07  最終更新日: 2012-04-15

マナーうんちく話198≪心と心を縫い合わす!≫

寒さが少し和らいだところで、立春に産声を上げた春が早速、梅の香りを届けてくれました。

厳しい寒さの中、百花に先がけて咲く梅の花は、ほのかな香りと共に、清楚な美しさを漂酔わせてくれます。これが日本人の感性にマッチし、「梅」は、「松」や「竹」と共に、お目出度いものの代名詞になったのでしょうね。
万葉集で、桜より梅を詠んだ歌が多い理由が、わかるような気がします。

そして、この梅の香りを届けてくれるのが、「東風(こち)」で、菅原道真の「東風吹かば 臭いおこせ梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ」の歌は、あまりにも有名です。
今時にぴったりで、受験生には大変なじみが深い歌ですね。

ところで、かなり古めいた話になりましたが、「針と糸」をお持ちでしょうか?

2月8日は「針供養」といって、裁縫で使用した針の中で、錆びた針、曲がった針、折れた針等に感謝するとともに、それらを供養する日です。
使用不能になった針を、豆腐や餅やコンニャクに刺し、以前は海や川に流していましたが、現在はお寺や神社で供養して頂くわけです。

針供養は、2月8日と12月8日が有り、裁縫では、前者を「事始め」、後者を「事納め」と呼び、両日か、いずれかの日に行います。

そういえば、2月2日の山陽新聞に、昭和44年2月8日の、中国短大家政科の針供養の様子が掲載されていました。それによると、「和裁教室の中央に飾られた祭壇の前で、神職が祝詞を奏上し、玉ぐしをささげた」と書かれていましたが、日常の道具にすぎない、針までも、キチンと祭壇を作り、神職が祝詞を奏上して供養するのだから、日本人は「モノ」に対してまで、敬意を表し、思いやりの心を抱くのですね。
和の礼儀・作法には、このような昔の日本人の思いが、あちらこちらに表現されています。

ちなみに日本人のマナーには、「人に対するマナー」「自然や目に見えないモノ(神様)に対するマナー」「モノに対するマナー」が存在します。それだけ日本人は、優しい心と、豊かな感性を兼ね備えているのではないでしょうか。


そして、「針と糸」とくれば、「母さんがよなべをして 手袋編んでくれた 木枯らし吹いちゃ 冷たかろうと せっせと編んでくれた 故郷の便りは届く 囲炉裏の臭いがした」。
今から半世紀頃前にはやった歌で、タイトルは「かあさんの歌」。これが思い出されます。

息子の事を思う母親が、アカギレのした手で、夜遅くまで、裸電球の下で、手袋を編んでいる様子を歌った歌です。
針と糸で、編んだり縫ったりすることは、新たにモノを作る意味と、復元する意味が有り、手袋を編んだり、破れた靴下を繕うことは、当時のごくありふれた日本の家庭における光景だったわけです。

確かに物質的にも不自由していた時代でしたが、反面モノを大事にする心意気が強かったということです。

携帯電話やパソコンを操作するに当たっては、大変器用に手先が動く現代人も、さすが針と糸には慣れていないと思いますが、家庭や職場で、親しい人や大切な人の、上着やコートのボタンが取れたり、生地が破れた際に、針と糸を取り出し、ボタンを付けてくれたり、破れたところを繕ってくれる人は、大変心の優しい人ではないでしょうか?

先の「かあさんの歌」の中で、かあさんが編んでくれた手袋は、決してブランド品でもなく、お洒落な手袋ではないかもしれませんが、そこには、お金で買うことが出来ない、とても温かい思いやりの心が、一杯詰まっています。

この思いやりの心を、「与える側」も、「受ける側」も、大変幸せな人です。

針と糸は、単にボタンを付けたり、縫ったりするだけでなく、人と人、そして心と心までをも縫い合わせてくれる、大変ありがたい存在なのです。

以前、このコラム欄で、「懐紙」を是非持ち歩いて下さいとお願いしましたが、それと合わせて「針と糸」も、大切な小物をしてお使いになられたら如何でしょうか?
いま日本人が一生懸命模索している、「絆」が創れますよ!


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《出会いを活かせる自信がありますか?》

11月7日の「立冬」から11月22日の「小雪」、さらに12月7日の「大雪」と気候が移ろっていくわけですが、...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ