コラム

 公開日: 2012-01-27  最終更新日: 2012-04-15

マナーうんちく話193≪障子・襖の知識とマナー≫

和室に関するお話しを勧めていますが、今回のテーマは「障子(しょうじ)と襖(ふすま)」についてです。どちらも、木と和紙で出来ておりますが機能は事なります。

障子は長い間、和風住宅の建具として、広く日本人に親しまれている和風住宅の建具で、吸湿性や断熱性を有するとともに、外部との視線を遮る大きな役割が有ります。さらに、採光が可能で、自然の柔らかい光を取り入れて、安らぎを与えてくれます。
水と糊で簡単に張り替えができ、年末の大掃除などで経験された方も多いと思います。


一方、襖も部屋と部屋の仕切りとして日本住宅にはなくてはならない建具です。
保温機能のみならず、湿度の調整ができるので、湿気の多い日本では今でも重宝されています。また、由緒ある建物の襖には「襖絵」が描かれており、素晴らしい雰囲気を醸し出しています。歴代の著名な絵師による国宝や重文級の襖も存在するのはご承知の通りです。

また、障子は採光の機能を取り入れるため家の外部に採用されているのに対し、襖は部屋と部屋の仕切り用等として家の内部に採用されています。
そして、障子も襖も歴史は長く、平安時代の頃からだといわれています。


ところで、座布団や畳と同じように、障子や襖の「開け閉(た)て」にも厳格な作法が有ります。略式で簡単に行う方法と、厳格に行う方法について解説しておきます。

○略式の場合
・座って行って下さい。(中にいる人を見下さないためです)
・「失礼いたします」と中の人に声をかけ、「どうぞ」との声を確認します。
・一気に、開けたり、閉(し)めたりせずに、ゆっくりと3回に分けて行います。
・座ったまま中に入り、一礼して閉めます。
これで「余程の場」でない限り大丈夫だと思いますが、さらに厳格に行うとすれば以下のようになります。

○厳格に行う場合(3回の動作をメリハリつけて行います)
・障子や襖の前に位置し、握りこぶし2つくらいの距離を置き座ります。
・「失礼いたします」と中の人に声をかけます。
・中から「どうぞ」という声を確認して
・襖から近いほうの手を、「引き手」に掛け10㎝位開く《1回目》
・引き手に掛けた手を、敷居から10㎝位の縁まで下げ、半分くらい開け《2回目》
・手を変えて一気に開きます《3回目》
・中の人に向かい一礼します
・両手を脇に就き、膝をすってはいります(膝行)
・部屋に入ったら、襖に近いほうの手を、敷居から10㎝位の縁を持ち半分くらい閉めます《1回目》
・手を変えて、10㎝位まで残して閉め《2回目》
・また、手を変えて、引き手に手をかけ全て閉めます。《3回目》

大体一般的には以上のようで良いと思いますが、「なぜそんなに面倒くさい事をするのか?」ということに触れておきます。

昔は、障子や襖の前に来たら、「こほん」と咳払いをして、中の人に「これから部屋に入りますから、受け入れの準備をして下さい」との合図を発信しました。さらに最初に10センチ位開けることにより、中の人に再度注意を促しました。それと共に、部屋に入る方も最初に開けた10㎝位の隙間から素早く中の様子を察し、それに備えたわけです。
さらに半分開けることにより、もう一呼吸置いたわけですね。

要は3回に分けて行うことにより、相手に対し思いやりの心を発信していたわけですね。
実に合理的で奥ゆかしいことだと思います。

普段はあまり意識されることはないと思いますが、和室には、日本の四季と上手に調和する創意工夫が張り目具されていると同時に、人に対しても、相手を敬い、思いやる決め事が多く存在しています。
さらに襖や障子には鍵が有りません。
鍵を必要としなかったからだと思います。
これも、平和な社会背景の中から生まれた、世界に誇る日本の文化ではないでしょうか?

ちなみに平安時代は400年以上続いています。世界に例を見ません。
平和な世の中からは、常に素晴らしい文化が生まれますね。
日本人なら教養の一環として理解して頂くとともに、機会が有る毎に、障子・襖の開け閉てを優雅に実行したいものです。心が洗われますよ・・・。



この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1703《他人事ではない災害!日頃のコミュニケーションを大切に》

四季が明確に分かれ、その移り変りがとても美しい日本は、世界中の人が羨ましがるところです。加えて南北に細...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1702《そろそろ土用丑の日。うな重の美味しさをどう表現する?》

炎暑、猛暑、酷暑、どの言葉も当てはまる日々ですが、そんな中期待したい食べ物があります。江戸っ子は特に初...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1701《蓮始開(はすはじめてひらく)》

夏空が広がり、夏の風が遠慮なしに熱気を運んできて猛暑日になっている地域がふえてきました。くれぐれもご自愛...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1700《暑中見舞い・団扇・扇子のうんちく》

白い色の南風「白南風(しらはえ)」が吹いたら、もうすぐ梅雨明けといわれますが、今年は数十年に一度の大雨とと...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1699《「水害御見舞」のマナー》

このたびの大雨により被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。そして、くれぐれもお身体にご留意さ...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ