コラム

 公開日: 2012-01-15  最終更新日: 2012-04-15

マナーうんちく話187≪寒中食品と寒中見舞い≫

「晴れの国」岡山にも、冬将軍が居座ったみたいで、連日寒い日が続いております。
睡眠、バランスの良い栄養、休養をしっかり取り、元気でご活躍下さい。

1月6日の「小寒」から2月3日の節分の日までを「寒中」、もしくは「寒の内」といいます。手紙などで「寒中の候」「寒中の折」等と表現したり、「寒行」「寒中水泳」「寒げいこ」なども行われる頃です。

そして、日本では一年で最も寒いこの時節に、家庭で食する沢山の食べ物を仕込んできました。岡山県内の多くの地域でも、町内会や婦人会などが主催して、「味噌作り教室」等も開催されているのではと思います。

これまで、このコラムで何度もお話ししましたが、日本人は古くから、人と人との「和」をとても大切にすると共に、自然との調和も上手に取り図って来ました。ここが素晴らしいところです。

「寒い」「寒い」と言ってチジ困るのではなく、逆にこの時期の寒さを上手く利用して、「味噌」「醤油」「酒」等の発酵食品や、「寒天」「凍り豆腐(こおりどうふ)」等の保存食品を作ってきたわけです。寒い地方ならではの伝統食品も多々存在します。

では何故、味噌や醤油等の発酵食品は寒い時期に作るかと言えば、それらは温度に大変左右されるからです。発酵させる時に温度が大切なのは御承知の通りですが、気温が高い時期に仕込めば、発行のスピードが速まり美味しくなくなります。加えてカビのリスクも高まります。

また、寒中の水は、「寒の水」と言われ、味噌・醤油・酒造りに利用すると腐らないと言われています。

要は、寒中に、寒の水を使用して、寒い時期から時間をかけ、温かくなる頃まで、ゆっくり発酵して作るのが理にかなっているということです。

酒は自分の家で作るわけにはいきませんが、できれば「味噌」なんかは自宅で作れば最高ですね。大豆(だいず)・麹・塩、それに少しの手間暇が有れば作れます。お勧めです。

特に日本人にとって「味噌」はとてもなじみの深い大切な健康食品です。
それを家庭で「手作り」するということは、身体への最高の思いやりですね。

そしてもう一つの寒中のお勧めが「寒中見舞い」です。
四季の移り変わりが明確に分かれている日本では、生活様式を季節に調和させると共に、暑い時と寒い時には、相手の健康を気遣ってきました。

そして、寒中に、相手を気遣って差し出す季節のあいさつ状が「寒中見舞い」です。
今では、年賀状を出しそびれた時や、「喪中」で出せなかった代わりに出す場合が多いようです。ただ「寒中見舞いは」、年始の挨拶というより、寒中に出す便りですから、相手の安否を尋ねると同時に、こちらの近況などを書いて頂ければ良いと思います。
年賀状のように形式にこだわらず、自分の素直な気持ちを表現されたら如何でしょうか?
勿論、プライベートにもビジネスにもお勧めです。

この時、余った年賀状は使用しないでくださいね。
また、立春を過ぎたら「余寒見舞い」という表現になります。大体2月中旬から下旬くらいまでになります。

寒い季節を利用して作る発酵食品・保存食品や、寒い時期に相手の様子を伺う寒中見舞い等は、瑞穂の国であり、四季の美しい日本の、先人たちの生活の知恵の結晶であり、思いやりのある優しい心の表れで、何百年もの長い歴史を経過して、現代に受け継がれている優秀作品ばかりです。現代人が見習う値打は大いにありそうです。




この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。主賓や上司が箸を持ったらそれに...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1652《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食①」》

春の語源の一つに「晴れる」が「はる」になった説がありますが、空が晴れ、太陽の光が穏やかな様子を「うららか」...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1651《どう違う?「好意」と「厚意」》

最近西洋由来の語を中心とした外来語が流行し、本来の日本語がかなり影を潜めている気がします。年中行事しかり...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ