コラム

 公開日: 2012-01-10  最終更新日: 2012-04-16

マナーうんちく話185≪鏡開きで今年もお幸せに≫

1月11日に、神様にお供えしていた「鏡餅」を下げて、それをたたいて、割って、ぜんざい・しるこ・雑煮などにして食べる行事の事を「鏡開き」と呼びます。

今でも、家庭や各事業所等で、新年を迎えるに当たり鏡餅をお供えし、それを1月11になったら下げて食べる正月行事として受け継がれております。

これを食べると、その年は「無病息災で過ごせ、開運にも恵まれる」という言い伝えが有ります。「マナーうんちく話183」でお話しした、「七草がゆ」と同じような意味だと解釈して頂ければよいと思います。

ただし、このお餅を食べるには、それなりの作法が有りますのでご注意を・・・。

元々鏡開きは、武家社会に伝わる無病息災・延命・開運祈願の儀式です。
その武家社会の風習では、刃物で「切る」「欠く」「割る」といった言葉は大変縁起が悪いと嫌ったために、包丁ではなく、木槌のような物で細かく砕いて下さい。
ちなみに、「鏡開き」と表現するのは、「鏡」は円満を、「開く」は「運を開く」とか、「未来を開く」という意味に通じています。

当時の人達にとってお餅は、旨い・豊富なエネルギー源・腹もちがよい・保存性が高い等の利点から、大変貴重品であり、お目出度いものでしたので、だから、「切る」という表現を恐れ嫌うと共に、それに様々な願いを込めたわけです。

またお正月に、重々しくお供えされていた鏡餅を下げることは、「もう正月は終わりましたよ」「今年も仕事に精を出しましょうよ」等という意味もあり、その餅を食べて、武家階級では主従の誓いを新たにし、商人は蔵を開き、農家では畑で鍬打ちをして仕事の新たなスタートを切ります。

さらに、「食べ物を大切にする」という心がけの表れでもあります。
加えて、鏡餅は固いのでそれを食すことで歯を丈夫にするという願いも込められています。


ところで、結婚式や祝いごとの宴席において、「樽酒」を用いての鏡開きを経験されて方も多いのではないかと思います。私もホテルで、結婚式や宴会の仕事を通じ、数えきれない位の「鏡開き」のシーンに立ち会いました。

酒樽がなぜ鏡開きかと言えば、元々酒樽の上蓋のことを「鏡」と呼んでいたからです。
「瑞穂の国」日本では、色々な神事がある毎に、日本酒をお神酒として御供えし、そして、その神事が終われば、神事に参列していた人たちが、御供えしたお酒を下げ、それを酌み交わし、祈り事が天に通じることを願うわけですね。

家庭や事業所などで御供えしていたお餅を下げ細かく砕いて食べる「鏡開き」も、神事の際に樽酒のふたを威勢よく開く「鏡開き」も、新たなスタートをする時に、無病息災や開運に恵まれ、それが達成されることを祈願するものだと言えます。

以上のように、普遍的な意味を多く含んだ大変お目出度い鏡開きは、古くからの因習として簡単に見逃してしまうには、あまりにも勿体ないことです。
11には「鏡開き」に是非挑戦して、自分自身や大切な人の無病息災、開運を祈願し、絆を深めてみられては如何でしょうか?

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ