コラム

 公開日: 2012-01-06  最終更新日: 2012-04-16

マナーうんちく話183≪邪気と万病を払う七草粥≫

暦通りの寒い日になりました。
1月6日は二十四節季の一つ「小寒」。
本格的な寒さを迎えたということです。
年賀状を出しそびれた方は「寒中見舞い」をお勧めします。

ところで、正月以来のご馳走で胃の調子を崩されている方も多いのではと思いますが、そもそも、今のような豪華な正月料理になったのは江戸末期だと言われております。それまでは贅沢な料理とはほど遠く、むしろ日常の食事より質素だったそうですから驚きですね。

具体的には、婚礼などの祝いの席で供されていた「雑煮」に、祝い肴(ざかな)三種(黒豆・田作り・数の子)だったそうです。この頃の正月料理の位置づけが、「質素・倹約」「家族団欒」に有ったことが伺える内容です。

それが明治時代になり、おせち料理が商品として商いをされるようになり、次第に豪華さを増し、昭和30年過ぎにはついに、デパートで販売されるようになりました。
さらに経済成長に伴い、食生活も向上し、飽食の国になり、料理の本・料理番組等でも盛んに取り上げられ、豪華さに磨きがかかり現在に至っています。

そして、贅沢な正月料理から胃を休めようとして、1月7日の朝に「七草がゆ」を食べるのは御承知の通りです。ただこの習慣は意外に古く、すでに平安時代には存在しており、「延喜式」にも掲載されております。
また「七草がゆ」を食べる目的も胃を休めると言うより、邪気を払い万病を寄せ付けないためにあったようです。

この頃は、内容が今とは若干異なっており、米・麦・粟・きび・ひえの5種の穀類に、ゴマと小豆(あずき)だったそうです。ゴマと小豆の代わりに二種の若菜という説もあります。それが次第に野菜や野草を7種類入れるようになり、江戸時代にはこのスタイルが武士や庶民の間で定着し、江戸幕府の公式行事に取り入れています。


もともと、「七草がゆ」は、「7歳の子供が摘めば縁起がいい」とか、「7軒の家から粥をもらえば縁起がいい」等と言われており、かなりの縁起担ぎのように思われますが、お正月にご馳走を食べ過ぎ、疲れた胃袋を休めるとともに、冬場に不足しがちなビタミン類等を補うための身体へのマナーです。

基本的には、せり・なずな(ペンペン草)・ごぎょう(母子草)・はこべら・ほとけの座・すずな(蕪)・すずしろ(大根)の7種で作ります。今はこの時期になるとセットで販売されていますので簡単に手に入りますが、大根や蕪の葉に、三つ葉、わけぎ、小松菜等でも代用できます。いずれも洗って、良く絞り、水気をしっかり取り、細かく切ってお粥に入れるのがポイントです。

ちなみに、通常「七草」と言えば「秋の七草」、すなわち、はぎ・おみなえし・おばな・ききょう・なでしこ・ふじばかま・くずを指します。これらは儀式として使用されたり、食用にはされず、眺めて楽しみます。ただこれらの七草、全て生薬として用いられています。
先人の知恵には甚だ感心させられますね。

いずれにせよ、「七草がゆ」は、1000年以上も前から、殆ど原形をとどめたまま今に継承されている伝統行事です。朝が無理でしたら夜に、家族や大切な人と共に、ウンチク等交えながらぜひお楽しみください。
加えて、日本は世界一「飽食の国」と皮肉めいて言われている現状下にあって、暴飲暴食を戒めるとともに、賢い食生活を心掛ける一年にしたいものです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1390《食べ物にも思いやりを!復活させたい「勿体ない精神」》

突然ですが、世界中に「日本食」とされる飲食店が幾つあるかご存知でしょうか?農林水産省の調べでは約886...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1389《幸運を招く「祝い言葉」と縁起の悪い「忌み言葉」》

今まで正月のしきたりに触れて参りましたが、今のように科学が発達していなかった昔は、何かにつけ「神頼み」や「...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ