コラム

 公開日: 2011-12-30  最終更新日: 2012-04-16

マナーうんちく話180≪幸せ祈願の正月行事≫

年末年始は大切な行事が沢山あります。なにしろ神様をお迎えするわけですから、その準備も大変です。

●おもてなしの基本は先ず掃除から
既にお済みになられた方も多いと思いますが、新しい年を迎える準備の年末大掃除です。この一年間に溜まったごみを片付け、ほこりを払い、新年を迎える心の準備をします。

●門松
正月には神様がそれぞれの家にお帰りになるわけですが、その目印になるのが「門松」です。「松」=「待つ」で、神を待つ木になったといわれております。12月26日・27日・28日・30日に立て、1月6日の夕方から7日にかけて納めるのが一般的です。
元旦から7日までを「松の内」というのは、門松が有る期間だからです。

●3ヶ日に「してはいけないこと」
今ではあまりこだわる方も少なくなりましたが、毎日家事に追われる主婦をねぎらうためにも、正月3ケ日にしてはいけないことが有ります。
・掃除は、折角幸せをもたらすために里帰りした神様を、追い払うことになるので、しない方がよいとされています。
・料理もしない方がいいですね。そのために「おせち料理」が有るわけですから・・・。
・掃除も、いつ年始のお客さんが来るかわからないので控えます。
・正月はもちろん「ハレ」の日ですから、お墓参りもミスマッチです。

●初日の出
一年で最初の日の出を「初日の出」と言いますが、どこで見なければいけないという決まりは有りません。要は天気次第ですね。ちなみに、年末旅行等で「御来光(ごらいこう)」ツアー等が人気を得ていますが、この言葉は、亡くなった人をあの世に導く仏様の「ご来迎」に合わせたものです。

●初詣
元旦には、地域にある氏神様に、一年の無病息災を祈願するためにおまいりします。遅くとも松の内におまいりするのがお勧めです。それから縁結びを望むなら縁結びの神社へ、受験を控えておれば合格祈願の神社へおまいりすればいいでしょう。
ちなみに現在のように有名神社に参拝するようになったのは、江戸時代に生活にゆとりが出るようになってからで、さらに明治に入り交通機関が発達して、一気に拍車がかかりました。また、初詣の際は、前年の破魔矢やお札等は神社に納め、新しいものを頂き神棚が有ればそこに、なければ高い所に飾って下さい。

●年始回り
年始回りは、基本的に松の内に済ませれば結構です。但し元旦は避けます。改まって予約を入れませんが、その代わり玄関先で済ませます。上がるように勧められたらそれに甘えられたらよいと思いますが、早めにお帰り下さい。予約をしていませんので、相手が不在の可能性も多々あります。その場合は名刺の右肩に「賀正」「謹賀新年」等の賀詞を書き、日時を記入しておきます。訪問する際の手土産ですが、お歳暮を送っている場合は基本的には不要です。お歳暮を送っていない時はお歳暮程度の物で、表書きは「お年賀」です。

●お年玉
本来は神様にお供えした供物を神事に参列した者(主として年長者や世話役)が皆で分けあい、さらにそれを村に持ち帰り、おすそ分けしたものです。従って、お年玉は、目上の者が目下の者に与えるものです。例えば親から子、年長者から年少者、社長から社員等です。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1546《365日を豊かに彩る季節の美しい言葉「秋の土用」と「霜降」》

いつものことながら毎回歓迎できないものがあります。ましてこの時期の大型台風はご免こうむりたいものですね。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1545《人柄のいい人は豊かな人生に恵まれる。自分磨きのお勧め》

世の中には様々な人がいます。有名人といえば芸能人やスポーツ選手を思い浮かべる人が多いと思います。金持ち...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1544《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め②》

物が豊かで便利な国になっても。「孤食」が相変わらず増えているのは感心しません。特に家庭では、できる限りそろ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1543《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め①》

食べることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。では「味覚の秋」「食欲の秋」を存分に楽しまれていますか?...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1542《「稲刈り」と「初穂料」》

実りの秋、収穫の秋を迎えています。この時期には全国津々浦々で稲刈りが始まっていますが、同時に秋まつりが行...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ