コラム

 公開日: 2011-12-28  最終更新日: 2012-04-16

マナーうんちく話179≪福を呼ぶ正月の食べ物≫

日本の正月は神様と共に食事をするところに大きな特徴が有ります。前回お話しした「神人供食」で、「祝い箸」の両端が細くなっているのは、一方を神様が使用し、もう一方を人間が使用するためです。とてもユニークな文化ですね。
今回は、縁起の良い正月の食べ物のお話しです。
大切な人との食卓で、話しの花を咲かせていただければ嬉しい限りです。

●年越し蕎麦
大晦日に、神様をお迎えする準備が整ってから家族揃って食します。江戸時代の町人が、そば団子を食べていたのが始まりとされていますが、今では、蕎麦のように、細く、長く、長寿にあやかるという願いがあります。

●若水迎え
元旦に最初に汲む水の事を「若水」と言います。勿論今のように水道のない時代ですから、水は井戸や川から汲んでいたわけですが、この水を汲みに行くことが「若水迎え」で、この水は向こう一年間の邪気を払うと言われています。この水を汲む時に「福汲む」「幸汲む」等とお目出度い言葉を口にします。勿論、雑煮などのご馳走はこの水で作ります。
そういえば、これに関連したニュースを、12月27日のテレビのニュースでしていましたね。
舞台は出雲大社でした。

●お屠蘇(とそ)
お雑煮・おせち料理を食べる前に家族揃って、新年のあいさつを交わした後で、一年間の無病息災を祈って飲む薬酒です。漢字の意味は病魔を退治するという意味です。
飲む順番は、お年寄りがいらっしゃればその方の長寿にあやかり歳の順に飲みますが、お年寄りがいなければ年少者から飲みます。年少者から飲むのは、若者の精気にあやかるからです。あくまで酒ですから運転にはくれぐれもご注意を!

●お雑煮
年末に神様にお供えした野菜等を元旦に下げ、前述の「若水」で料理します。味噌仕立て、すまし汁仕立て、また形も丸い形、四角い形など、それぞれ地域により異なります。ちなみに雑煮は、元々室町時代に儀礼の席で供されていましたのが始まりです。今でも目出度い時等にはお餅をつく風習は全国津々浦々で存在します。そもそも、おもちは保存性が高く、熱を加えればすぐ食べることが可能で、それでいて腹もちがいい、最高の食べ物だったわけです。欠点はカビですね。瑞穂の国ならではの生活の知恵だと感心します。

●おせち料理
もともと桃の節句、端午の節句、重陽の節句など、節句の料理を「おせち料理」と呼んでいましたが、今では正月の料理のみを、おせち料理と呼ぶようになりました。このおせち料理も一年の無病息災を祈るものですから、縁起の良い食べ物のオンパレードで、語呂合わせによるものが多いのはご承知の通りです。外が黒、中が赤の重箱に詰め、1の重から与(4)の重の4段重ねにする事が多いようです。市販の物は3段重ねが多いような気がします。時間が有れば、一つ一つ、そのいわれを思い浮かべながら、手作りしてみるのも良いものですよ。

●7草がゆ
1月7日に7草(なずな・せり・はこべら・ごぎょう・ほとけのざ・すずな・すずしろ)を入れた「7草がゆ」を食すと、邪気を払い、病気にならないとされています。縁起担ぎの側面も多々ありますが、ご馳走で疲れた胃を休めると言う効用が有り、昔の人の生活の知恵から生まれた発想です。余談事ですが「7草」には、「秋の7草」と「春の7草」があり、前者は観賞用、後者は食用です。

●鏡開き
1月11日に、御供えしていたおもちを下げ、ぜんざいなどにして食べます。武家社会の延命祈願の風習で、このお餅を食すと無病息災になると言われていました。武家社会の風習ですから、お餅を「切る」という表現は縁起が悪いので、あえてお餅を「開く」と表現しています。また、大小二つあるのは、月(陰)と日(陽)を表し、「福」と「徳」が重なり、さらに縁起が良くなると考えられていたからです。ちなみに正月に里帰りされた神様は期間中、この鏡餅に鎮座されます。

大体以上ですが、昔の人はことのほか縁起を担いだものですね。
そして、この現象は食べ物ばかりではなく、正月の行事にも至る所に表れております。次回はその正月行事に触れて行きます。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1603《「小寒の氷 大寒に解く」。物事は思い通りにはいかない・・・。》

3月から4月並みの気温が続いていますが、1月20日は二十四節気のひとつ「大寒」です。暦の上では一年で一番寒い...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1602《どこへいった?日本人の礼節・・・。》

世界屈指の長い歴史を誇る日本人は、今でも米を主食にしています。そして稲作を中心とした農耕民族だったせいも...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1601《これくらいは知っておきたい「おみくじ」の知識とマナー》

おみくじにもマナーがあるの?と思われる方も多いと思います。おみくじを引いた人は非常に多いと思いますが、概...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1600《まだまだある正月行事!「小正月」「とんど焼き」「藪入り」》

12月は一年最後の月ですから「除月」と呼ばれますが、これに対して、一年で最初の月は「正月」と呼ばれます。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1599《これくらいは心得ておきたい身近な「厄払い」と「呪い」》

現在日本国内には「コンビニ」が約55000軒あるといわれていますが、ほとんどの人が身近に存在する便利な店と...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ