コラム

 公開日: 2011-12-26  最終更新日: 2012-04-16

マナーうんちく話178≪正月のしきたりとマナー≫

クリスマスが終わり、迎春ムードがにわかに高まって来たところで、今日から日本人にとって最もなじみの深い年末・年始・正月のしきたりとマナーについて触れてみます。
先ず、「正月」についての解説です。

正月は「一年の始まり」であることはどなたもご存知のことですが、早い話し、正月とは、「神様になられたご先祖様の里帰りの日」です。
ご先祖さまは、子孫が元気に頑張っているかどうか?様子を伺いに帰られるわけです。
そして、それぞれの家庭では、この神様をお迎えし、共に新年を祝い、その年の豊作や家内安全を祈願します。

その神様をお迎えするために、しめ縄飾りをし、餅をつき、門松を立てたりします。
そして里帰りされた神様と共に食事をします。
いわゆる「神人共食」です。その時のご馳走が「お雑煮」であり、「おせち料理」で、それらを食べる時に使用する箸が「祝い箸」です。

また、正月という言葉は中国からもたらされたそうですが、本来の意味は1月の別称です。加えて、元旦は「一番最初の一番初め」という意味、つまり1月1日という意味です。よく年賀状の日付に「1月元旦」「正月元旦」と書かれている方がおられますが、これは良くないですね。

さらに、1日から3日までを「三が日」、7日までを「松の内」と呼びます。すなわち「門松」が有る期間です。また年賀状は、少なくとも松の内までには届くようにして下さい。
ちなみに松の内を過ぎたら、2月の立春までが「寒中見舞い」、それを過ぎたら「余寒見舞い」になります。

ところで、1日から7日までの期間は、新年を祝い、「今年も良い年になりますように」との願いを込め、様々なしきたりが有ります。
「初日の出」「初詣」「年始回り」「お年玉」「書き初め」「凧揚げ」「羽根つき」「七草」「鏡開き」等などです。


それから、元旦の朝には互いに、「新年おめでとうございます」とか「明けましておめでとうございます」と挨拶を交わしますが、これは新しい命の誕生を表す祝いの言葉です。

以上、正月について簡単に触れてみましたが、以後、正月にまつわる「食事」「行事」「縁起担ぎ」等に分類し、さらに詳しくお話しを進めてまいります。

日本人が古来より大切に育汲んで来た、「正月の意味や意義」をよりご理解いただき、例年より心豊かに正月を迎え、過ごし、夫婦・家族・親族・地域間における絆を一層深めて頂ければ嬉しい限りです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

14

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1578《「形」より「心」!? 本当のマナー美人になるには・・・。》

マナーは時と場合により発揮の仕方は異なります。不易流行的側面もあります。だから様々な経験を経て、苦労し...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1577《勧善懲悪とマナー》

前回赤穂浪士に触れましたが、それに匹敵するくらいミリオンセラーになったのが水戸黄門ではないでしょうか。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1576《歴史上の大事件の裏にはマナーが関わっていた(赤穂浪士の討ち入りとマナー

12月14日は日本人なら誰しも知っている歴史上の大事件が起きた日ですね。小説、浄瑠璃、映画、テレビでおなじみ...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

マナーうんちく話1575《日本人なら知っておきたい年末の大切な歳時「正月事始め」》

今年は真冬になるのが早かった気がしますが、如何でしょうか。ところで最近、都会においても、猿や猪が出現して...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1574《忘年会での「無礼講」はどこまで許されるの?》

無礼講に関してはよく質問を受けるところですが、難しいところです。無礼講といった上司の本意が理解できれば、...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ