コラム

 公開日: 2011-12-23  最終更新日: 2012-04-16

マナーうんちく話177≪絆とマナー≫

今年も講演、講座それにネット、雑誌、新聞、テレビ、ケーブルテレビ等を通じ、多彩なマナー・生きがい創り・地域を元気にするお話しを数多く発信させていただきました。
多くの地域、学校、公民館、行政、企業、社会福祉協議会、各種団体から、素敵なご縁を頂き、絆を深めさせていただいたことを大変嬉しく思います。深謝!

今年は「絆」という語に大変縁が有ったように思いますが皆さまはいかがでしょうか?
流行語大賞のベストテンにも選ばれたし、世相を表す漢字では1位にランクされました。

1995年に世相を表現する漢字がスタートしたわけですが、その年は阪神大震災に遭遇したので「震」が選ばれました。そして今年は、それを上回る甚大な被害に遭ったにもかかわらず、家族・地域・職場等でのつながりや、日本国内のみならず諸外国からの温かい支援を頂き、「絆」のありがたさや大切さが、改めて認識されたようです。

ところで、この「絆」、暖かい人と人との交わりとして「良い意味」で使用されていますが、本来の意味はかなり異なります。
元々、絆というのは、馬や牛や犬等を繋いでおくための紐や綱のことを意味します。勿論、紐や綱で繋がれた馬や牛や犬は、自由を束縛されるわけですからいい迷惑なはなしです。
やがてそれが、人と人が離れないで結ばれるという意味に転じたわけです。

記憶に新しい人も多いと思いますが、昨年の流行語に「無縁社会」という言葉が登場しましたが、それまでは多くの人達が、どちらかと言えば他者との結びつきを避けてきたような感が有りました。

だから、いざ絆の大切さを再認識し、絆を深めようとしても、現実には「どうしたら良いかわからない」という人も多々おられます。
だから、こんなに便利で物の豊かな国日本で、多くの矛盾が存在するのではないでしょうか?

例えば、多くの若者が職場での絆づくりが解らないから、折角入った職場を早期に退職していまいます。また男女間における絆の作り方や深め方が解らないから結婚できない人が増加傾向にあります。さらに夫婦間において絆が壊れて離婚に至るケースも後を絶ちません。さらに地域においても絆の希薄化は進む一方です。
加えて、親と子ども、教師と生徒、生徒同士、地域と子ども等との絆が薄れてきたので、子どもの暴力行為や不登校に至っています。岡山県は全国で最悪ですね。

物の豊かさはもちろん、世界屈指の美しい四季に恵まれ、教育もいき届き、世界一贅沢な食事をし、長寿を謳歌し、66年間も戦争に無縁の国がハッピーになれない理由は、ひとえに色々な意味で、「絆」が上手く結ばれてないからだと痛感します。

そして、その絆を上手に結ぶためには、「思いやりの心」「感謝の心」「尊敬の心」、すなわちマナーが必要不可欠な条件であると考えます。

そこで、人づくり、生きがいづくりに寄与する「岡山ハッピーコミュニケーション」では、「絆づくり」をテーマにした多種多彩な講演・講座をご用意いたし、「人の和」、「生きがいの輪」「幸せの環」を広めていければと考えております。
詳しい内容は「新着のセミナーイベント情報」を参考にして下さい。
また、引き続き「地域を元気にするお話し」も積極的に展開していく予定です。

すでに、多くの講演や講座開設の依頼をいただいておりますが、お問い合わせの方も気軽にどうぞ・・・。

年の瀬もいよいよ押し迫ってまいりましたので、次回から当分の間、お正月に関連したコラムをお届けいたします。ご期待下さい。



この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1450《「753現象」と上司と部下の関係》

突然ですが「七五三現象」をご存知でしょうか?新卒で就職した人のうち、中卒の人は7割、高卒の人5割、大卒の...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1449《「就活」と「働き方改革」と「幸せ婚」》

「ドッグイヤー」「マウスイヤー」という言葉が産まれて久しくなりましたが、相変わらず社会情勢は大きな波にのま...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1448《「花水木」と「返礼文化」と「国際儀礼」》

桜がすっかり「葉桜」になりました。日本人の桜好きは特別で、桜の花が咲くプロセスを「一分咲き」「五分咲き」...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1447《「穀雨」の頃、雨や風のない人生には輝きがない》

「春は嵐と共にやってくる」とか「春に3日の晴れ無し」とも言われますが、春の天気は人の心と同じように、移り変...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1446《「了解しました」「承知しました」「かしこまりました」の使い分け》

別にこれといった理由があるわけでもないのに、心と身体をウキウキさせてくれる春の風。「前向きに頑張ろうよ...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ