コラム

 公開日: 2010-07-26 

暑気払い! 鰻もいいけど甘酒もね・・・


日本の夏は高温多湿で、過ごしにくく体力も消耗します。
扇風機もクーラーもない昔の人は大変だったようです。


そこで日本人は頭を使い知恵と技を結集しました。
土用の丑の日にウナギを食べる習慣も、
このようにして生まれた「食の知恵」でしょうか。


鰻が夏バテに効くということは
万葉集の時代から発信されていますが、
「土用の丑の日=鰻の日」となったのは、
かの有名な平賀源内先生が、
「本日土用ウナギの日」というキャッチコピーを創ってからだというのが定説のようです。


そして高栄養科のウナギ料理は、圧倒的にかば焼きが支持を得ておりますが、
フランス料理の「鰻の赤ワイン煮込み」も絶品です。
ボルドーの赤ワインとともにお試しみ下さい。
勿論、冷酒にかば焼きもうれしい限りですが・・・

私はフレンチ&和食のテーブルマナーも専門領域ですが、
いずれにせよ「酒」は飲めるに越したことはないですね。


健康リスクが最も高くなる夏に考案された「スタミナ食」。
筆頭は鰻でしょうが、安くありません。

そこでお手頃価格で、美味で、平松一押しの暑気払いは
「甘酒」です。

冷たいものでもいいですが、温めて生姜をすりおろしていただければ最高です。


甘酒といえば冬のイメージが強いようですが、甘酒の季語は夏で、れっきりとした夏の飲み物です。

しかも栄養満点です。栄養補給のための点滴に匹敵するくらいだそうですよ・・・

歴史も古く平安時代には登場してきます。
勿論その当時はごく一部の特権階級の人だけが食することができたようですが。

近年の暑気払いは、夏の暑さやストレス発散のための「飲み会」になっていますが、本来は薬や酒を飲んで体の熱気を払うことが暑気払いです。

その意味においても甘酒は最高の暑気払いです。
この夏、ぜひお試しください。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1659《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食④」》

洋食にはいろいろな器があります。「フィンガーボール」もそうですね。使い方ですが、フィンガーボールは手...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1658《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食3」》

洋食はソースの種類が多く、しかもそれが誠に美味しいのが特徴ですが、前に頂いたフォークやナイフで次の料理を食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1657《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食②」》

洋食を食べるときに使用するナイフ・フォーク・スプンは、総称して「カトラリー」と呼ばれます。英語では「cut...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1656《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食①」》

料亭や旅館などの和室で和食をいただく場合は、男性優位になるケースが多々ありますが、ホテルやレストランで洋食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ