コラム

 公開日: 2011-12-06  最終更新日: 2012-04-16

マナーうんちく話172≪どうする?厄年と厄払い≫

マナーうんちく話172《どうする?厄年と厄払い》

厄払い・占い・まじない等の迷信は、非科学的であり、科学万能の時代には無縁だと思われがちですが、未だに色々な形で存在しており、無くなる気配はありません。
なぜなら、迷信は、何も特別な思考方法により確立されたものではなく、私たちの日常生活の中にすっかり溶け込んでいるからではないでしょうか?

例えば、結婚式には大安・友引が好まれます。キリスト教スタイルの挙式には大安も仏滅も関係なさそうですが、実際には気にされるカップルが大半です。さらに葬式は友引にはしません。また禁忌言葉、嫌い箸等など、数えきれない位存在します。
そこで今回は誰もが遭遇し、何かと気になる、「厄年」「厄払い」について触れてみます。

○厄年とは
事故や病気など、色々な災難に遭いやすいとされる年齢のことで、前厄・本厄・後厄が有ります。ちなみに、この場合の年齢は「数え年」を指します。

○厄年の年齢
・男性⇒10歳・25歳・42歳・61歳
・女性⇒19歳・33歳・37歳
※地方により異なる場合もあります
※男性の42歳は「死に」、女性の33歳は「サンザン」に繋がり、大厄とされています。

○厄年を迎えたらどうする
事故や病気をさけるため、そして今後の人生を安泰に過ごすために、「厄払い」をする人が多いようです。気にするか、しないかは、人それぞれです。
また、厄払いは、「厄除け(やくよけ)」、「厄落とし」ともいわれます。

○厄払いの方法は?
・厄年を迎える前の年の大晦日と、厄年を迎えた正月に、神社へお参りする方法。
・厄除祈願のお守りを買う方法。
・神社にお願いして、「厄除けの祈祷」をしてもらう方法。
※祈祷していただいたら「ご祈祷料」としてお礼をします。
・厄年を迎えた人に贈り物をする方法。
※厄除けの贈り物。
男性⇒ベルト・ネクタイ・定期入れ・財布など
女性⇒ベルト・ペンダント・定期入れ・財布など
・宴を開き、厄を拾ってもらう方法。

「厄年」は誰しも気になるところです。信じる、信じないは別とし、肉体的にも節目を迎える時ですから、「健康診断」を受けられたら如何でしょうか。
ちなみに、日本人の死因の多くは生活習慣に起因する病気です。そしてこの生活習慣病の特徴は、生活の在り方次第で予防できることです。厄年を迎えるに当たり、ぜひ生活習慣の在り方を見直してみられることもお勧めです。

また、女性の37歳、男性の42歳、61歳は、人生経験をかなり積んでいます。
「厄=役」と捉えてみて下さい。
すなわち、そろそろ色々な役目が生じてくる頃です。今までの人生経験を、人のお役に立てられるよう、心がけられるのも良い事です。

マナーとは感謝や思いやりの心を持ちそれを表現することですが、その大前提は「自尊心」を持つことです。自尊心とは、自分の「身体」と「心」を大切にすることです。
このコラムをご覧いただいた皆様が、厄年を前向きに捉え、心と体に程よい栄養を補給し、益々輝いていただければ嬉しい限りです。



この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1603《「小寒の氷 大寒に解く」。物事は思い通りにはいかない・・・。》

3月から4月並みの気温が続いていますが、1月20日は二十四節気のひとつ「大寒」です。暦の上では一年で一番寒い...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1602《どこへいった?日本人の礼節・・・。》

世界屈指の長い歴史を誇る日本人は、今でも米を主食にしています。そして稲作を中心とした農耕民族だったせいも...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1601《これくらいは知っておきたい「おみくじ」の知識とマナー》

おみくじにもマナーがあるの?と思われる方も多いと思います。おみくじを引いた人は非常に多いと思いますが、概...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1600《まだまだある正月行事!「小正月」「とんど焼き」「藪入り」》

12月は一年最後の月ですから「除月」と呼ばれますが、これに対して、一年で最初の月は「正月」と呼ばれます。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1599《これくらいは心得ておきたい身近な「厄払い」と「呪い」》

現在日本国内には「コンビニ」が約55000軒あるといわれていますが、ほとんどの人が身近に存在する便利な店と...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ