コラム

 公開日: 2011-11-28  最終更新日: 2012-04-16

マナーうんちく話168≪お歳暮の知識と贈答マナー≫

【冠婚葬祭の知識とマナー41】 御歳暮に関する知識と贈答のマナー

今年も、「お歳暮」の季節になりました。
毎年のことながら、贈る時、贈られた時、その人の品格が出るのが、贈答の在り方です。
そこで、その「由来」と「贈答のマナー」について解説いたします。

○お歳暮の由来は?
日本の贈答の由来は、なにかと神様の存在が大きいようです。
お歳暮も例外ではありません。
「歳暮」とは、本来、年神様を迎えるに当たって、必要な物を、親元や本家に届ける儀式に端を発していますが、今では、日頃お世話になっている人への感謝の気持ち、あるいは、ご無沙汰している人への、お詫びの気持ちを込めた贈り物の意味合いが強くなっています。
だから、贈る側も、贈られる側も、それなりの礼儀・作法が問われるわけです。

○誰に贈る?
親、親族、仲人、上司、先輩、得意先等です。
子どもの学校の先生や公務員には、迷惑をかける場合も多々ありますので、充分配慮して下さい。

○いつまでに贈る?
師走早々から20日くらいまで。但し正月に食べる食べ物はそれより遅い方がいいですね。お歳暮を送るのが遅れたら、「お年賀」として、1月7日までに届くようにするのも手です。
1月7日までに無理な場合は、「寒中お見舞い」とします。

○どのように贈る?
本来は、相手宅に訪問して、お礼の言葉と共に直接渡すのが礼儀ですが、最近はデパート等からの配送が多いようです。その際は、紅白の蝶結びの水引に熨斗をつけます。表書きは「お歳暮」です。但し、肉類・魚類・酒には熨斗は付けません。
配送の時は、贈りっぱなしでなく、出来れば季節のあいさつを兼ねて、なにを、どこから送って、いつ届くのか、という内容の送り状を先に送って下さい。電話でも構いません。
なお、訪問して渡す場合は《訪問の仕方のコラム》を参考にして下さい。

○贈る側や受け取る側が、喪中の時はどうする?
お歳暮は基本的にはお祝い事ではありませんので、贈る側や受け取る側が喪中でもかまわないと思います。但し、人それぞれです。こちらがいいと思って贈っても、相手が気分を悪くされたら、贈る意味が有りませんので、少し時期をずらし、「お年賀」か「寒中お見舞い」として贈る手もあります。

○お歳暮を頂いた時のお返しは?
お歳暮を頂いた時のお礼(お返し)は基本的には不要ですが、直ちに礼状を出されることをお勧めします。ここに、いただく側の品格が出ます。

○一年に1回だけなら、お中元とお歳暮、どちらを贈る?
基本的に、お中元をしたら、お歳暮も贈ります。どちらか1回だけなら、お歳暮です。

○そろそろ、お中元もお歳暮も、贈るのをやめたい時はどうする?
先ず、最初の年に、お中元だけやめて下さい。その代わりに「暑中見舞い」の葉書を出して下さい。お歳暮は贈って下さい。次の年は、お中元とお歳暮の両方を止めます。

お中元とお歳暮は、ともすれば年に2回の儀礼的な贈り物と考えられがちですが、前述したように、お歳暮は年神様をお迎えするための御供えを、親元や本家に持参するという、重要な行事だったわけです。お歳暮を通じ、大切な絆を絶やさないようにしたいですね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1547《大切にしたい日本人らしい優しい気配り)

長雨と台風で刈り入れが遅れましたが、陽光に輝く稲穂が日本の秋を実感させてくれます。黄熟した稲穂はいつみて...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1546《365日を豊かに彩る季節の美しい言葉「秋の土用」と「霜降」》

いつものことながら毎回歓迎できないものがあります。ましてこの時期の大型台風はご免こうむりたいものですね。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1545《人柄のいい人は豊かな人生に恵まれる。自分磨きのお勧め》

世の中には様々な人がいます。有名人といえば芸能人やスポーツ選手を思い浮かべる人が多いと思います。金持ち...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1544《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め②》

物が豊かで便利な国になっても。「孤食」が相変わらず増えているのは感心しません。特に家庭では、できる限りそろ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1543《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め①》

食べることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。では「味覚の秋」「食欲の秋」を存分に楽しまれていますか?...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ