コラム

 公開日: 2011-11-26  最終更新日: 2012-04-16

マナーうんちく話167≪どうする?被災地への賀状≫

日本は世界屈指の四季の美しい国ですが、同時に地震大国でもあります。
また津波も、英語で「TUNAMI」と表現される位多いのが実情です。
加えて毎年のように、台風による風水害も甚大なものが有ります。
そして今年3月に東北地方を襲った未曽有の災害・・・。

「一陽来複」という言葉が有ります。
冬は終わり春が来る。新しい年が来る。悲しい出来事が有った後には嬉しいことが待っている等という意味です。
来る年こそ、一陽来複を願いたいところです。

ところで、その一陽来複を祈念して、被災地への年賀状!
出していいのか?出さない方がいいのか?
何かと迷われている方も多いと思います。

考え方は大きく次のように、二つに分かれると思います。

○一瞬にして大切な人や物を失い、いまだに悲しみから癒されないので、とても新年を寿ぐ気持ちにはなれない。だから年賀状もだしたくないし、頂きたくもない。

○一時は大きな悲しみを味わったが、もう何か月も過ぎ、いつまでも沈んでいたのではいけない。気分を切り替え、兎に角前向きに生きて行きたい。だから年賀状も例年通り、出したいし、頂きたい。

前者の方に対しては、「おめでとう」の言葉は違和感を与えることになりますので、年賀状は一旦据え置き、年初めに「寒中見舞い」を出されることをお勧めします。
これは、厳寒の頃に、相手の健康を気遣うと共にこちらの様子も知らせる書状ですので、気兼ねなく素直な気持ちで発信することができます。
なお、寒中とは24節季のひとつ「小寒」(24年は1月6日)から、節分までの期間です。
節分が過ぎたら「余寒見舞い」になります。

一方、後者の方に対しては、積極的に励ましの言葉を述べてあげられたらよいと思います。
テレビや新聞の報道を見る限り、復興に向けて前向きに取り組んでおられる方が圧倒的に多いように思えます。
こんな時だからこそ、「プラス言葉」や「明るい言葉」が大きな励みになると思います。
先日、世界一幸福度の高い国の「ブータン国王ご夫妻」が来日され、被災地を訪問されましたが、それに大変勇気づけられた気がします。

ただ、すでに家も失い、避難所生活を余儀なくされている方、親戚や知人宅に身を寄せられている方も多いと思いますので、被災地の郵便事情等もよく確認して下さい。

いずれにせよ、喪中葉書でもお話ししましたが、現在の気持ちは、まさに10人10色です。年賀状が大きな励みになるか、かえって心を傷つけるものになるかは受け取られた人次第です。その人、その人に適応させて下さい。

年賀状にされるか?寒中見舞いにされるか?
いずれにせよ、余り形式にこだわった文章ではなく、一日も早く立ち直って頂きたい気持ちや思いやりの言葉を、自分の文章で、キチンと述べて頂くことが大切だと思います。
「形」より「心」です。




この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。主賓や上司が箸を持ったらそれに...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1652《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食①」》

春の語源の一つに「晴れる」が「はる」になった説がありますが、空が晴れ、太陽の光が穏やかな様子を「うららか」...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1651《どう違う?「好意」と「厚意」》

最近西洋由来の語を中心とした外来語が流行し、本来の日本語がかなり影を潜めている気がします。年中行事しかり...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1650《知って得する「ありがとう」の言葉が伝わる素敵な言葉②》

〇「身に余る」日本人は謙虚を美徳としてきましたが、「身に余る」とは自分にはもったいないほどの素晴らしい」...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ