コラム

 公開日: 2011-11-24  最終更新日: 2012-04-17

マナーうんちく話166≪喪中葉書の知識とマナー≫

【冠婚葬祭の知識とマナー40】 喪中葉書の、出し方と受け取り方のマナー

年賀状の準備をする頃になりました。
そして、この時期、毎日のように送られてくるのが「喪中葉書」です。
出すべきか否か?また、いただいた時の対応は?何かと迷いが多いのが、この葉書ですね。そこで今回は喪中葉書に触れてみます。なお、年賀状のマナーについては、22年12月5日付の《マナーうんちく話26 年賀状のマナー》を参考にして下さい。

喪中葉書の説明をする前に、「喪中」と「忌中」の違いをご理解いただきたいと思います。
日本史に詳しい方はご存知のことと思いますが、905年に後醍醐天皇の命により編纂され、967年より施行された「延喜式(エンギシキ)」という法典が有ります。飛鳥から平安時代を中心とした、人物、出来事、歴史、生活・文化、思想・宗教等の辞典だと認識していただいたらよいと思います。ちなみに旧文部省・大蔵省等という呼び名はその名残です。

その「延喜式」では、死の穢れの期間は49日と定めており、この期間を「忌中」といいます。そして忌中の人は、その期間中は他の人と触れあわない方がよいとされています。今でも、49日は、法要の最も大切な儀式になっています。

次に「喪中」とは、自主的に亡くなった人のために派手な事等を慎む期間のことです。喪中は1年間とされているようですが、地域のしきたりや文化等から生まれた風習で、統一規定も存在しないとおもいます。

このように「忌中」と「喪中」は大きな違いが有ります。
忌中期間は何かと束縛が多いですが、喪中になったら人付き合いを再開しなければなりません。従って「忌中」は年賀状を差し控えたほうがいいですが、「喪中」はこの限りではないと私は思っています。
但し、大切な人が無くなって49日以降でも、とても新年を寿ぐ気持ちにはなれない、心が癒されるのに、まだ時間が必要というような方は、年賀状は遠慮され、年が明けて「小寒」(24年は1月6日)に入ってから「寒中見舞い」を出されるのもいいですね。

このように、喪に服する期間も程度も故人により様々です。1年間は大好きな酒やタバコを断つのか、100日間は肉や魚を食べないのか、他人の祝い事にも関与しないのか、人により異なりますが、現代では、そのような人はあまり見かけません。
皆一様に1年間、年賀状だけ出さないというのもおかしな話ではないでしょうか?

さらに、故人の葬儀に参列して下さった方にも、丁寧に喪中葉書を出す人もいますが、これもどうかと思います。
なぜなら、葬儀に参列されたということは、亡くなられたという事実をすでにご存知だからです。喪中葉書は頂いてもあまり嬉しいものではなく、むしろ暗い気持ちになります。事実を知っている人に、再度喪中葉書を送り、暗い気持ちにする必要はないと思います。

また喪中葉書を頂いたら、故人との関係を考慮し、どうしてもお悔やみをしたかったら、頂いた時点ですればいいと思います。事前に遺族に予約し、故人の家にお悔やみに行くとか、香典を送るとか、手紙をしたためるとか、電話するとか、方法は様々です。お悔やみの必要がない場合は、松の内を過ぎて「寒中見舞い」を出すという手もあります。

また喪中の人に、それを知らずに年賀状を出したらどうするか?という質問をよく受けますが、不必要に気にされることはないと思います。喪中葉書は「年賀状の欠礼葉書」ともいわれます。欠礼とは礼を欠くことです。要は、「私の家は喪中なので年賀状を出すのを失礼させていただきます」という意味で、「年賀状を出さないで下さい!」ということではありません。但し、亡くなられた事実を知らずに年賀状を出したことと、一言お悔やみの言葉や思いやりの言葉を発してあげたら、相手も喜ばれると思います。

喪中葉書を「出す側」も「受け取る側」も、「忌中」と「喪中」の違いを理解し、故人との「思い」や「間柄」を考慮し、どのように対応するかを決められたらよいと思います。
そして、それを決めるのは、世間ではなく、自分自身で主体的に決めることが肝心です。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1604《これくらいは知っておきたい「干支」のうんちく》

年賀状に犬のデザインを施された人も多いと思いますが、2018年の干支は戌(いぬ)ですね。暦や方位や時間に用...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1603《「小寒の氷 大寒に解く」。物事は思い通りにはいかない・・・。》

3月から4月並みの気温が続いていますが、1月20日は二十四節気のひとつ「大寒」です。暦の上では一年で一番寒い...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1602《どこへいった?日本人の礼節・・・。》

世界屈指の長い歴史を誇る日本人は、今でも米を主食にしています。そして稲作を中心とした農耕民族だったせいも...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1601《これくらいは知っておきたい「おみくじ」の知識とマナー》

おみくじにもマナーがあるの?と思われる方も多いと思います。おみくじを引いた人は非常に多いと思いますが、概...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1600《まだまだある正月行事!「小正月」「とんど焼き」「藪入り」》

12月は一年最後の月ですから「除月」と呼ばれますが、これに対して、一年で最初の月は「正月」と呼ばれます。...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ