コラム

 公開日: 2011-11-20  最終更新日: 2012-04-17

マナーうんちく話164≪後世に伝えたい!秋風景≫

赤い落ち葉が一枚、ヒラヒラと舞い落ちてきました。
これを見て、単なる赤い葉っぱかと感じるか、人生の儚さを感じるか、あるいは自然の精緻さを敏感に捉えるか、大きな違いが有ります。

日本は世界的に四季の美しい国ですが、とりわけ紅葉の美しさは世界一だといわれております。そして、その紅葉を見に行くことを「紅葉狩り」という、これまた大変美しい日本語で表現しています。

紅葉の美しい頃になると、毎年のようにマナー講座で、似たような質問を受けます。
ミカン狩りに行けばミカンを、リンゴ狩りに行けばリンゴを、ブドウ狩りに行けばブドウをそれぞれ持って帰りますが、紅葉狩りに行ったら紅葉の葉っぱを折って持って帰っても良いのでしょうか?というような内容の質問です。

勿論答えは「ノー」です。
では、持ち帰り不可能なら、なぜ「紅葉見物」と言わないで「紅葉狩り」というのですか?と質問は続きます。
答えを解説いたします。

元々、猪や鹿等の「野獣動物」を弓矢や槍等で射止めることを「狩り」といっていましたが、次第に兎や狐などの小動物を射止めることも「狩り」と表現するようになり、やがて薬草を採ったり、草花を愛でることまで「狩り」というようになりました。

平安時代の頃、貴族が山に狩りに出かけました。
獲物を求め山奥に進んでいくと、大変美しい紅葉に出会い、狩りをするのをしばし忘れて、その美しさに見とれてしまいました。
それ以後、紅葉を見に行くことを「紅葉狩り」と言い、貴族たちは紅葉の下に集い、詩歌を詠み交わしたそうです。

また、日本の紅葉狩りは、昔から酒宴がつきものです。
これは恐らく日本独特の文化ではないでしょうか。
その意味は、「春の花見」と同じように、神様への饗応にあると思います。
すなわち、山の幸を、沢山もたらして下さった、「山の神様への感謝」ですね。

すでに何回もお話ししましたが、日本人は古来より、人と人との「和」をとても大切にしてきましたが、同時に自然との調和も同じように大事にしてきましたので、理想的な環境保全が維持されていたわけですね。

今はすっかりデジタルの時代になり、クールビズ、ウオームビズ、エコ等という、商業ペースの都合のよい言葉に置き換えられてしまい、その本質があやふやになってしまった感が有りますが、そのもとは自然に対する畏怖や感謝だと思います。

本当の意味で、自然環境を大切にするということは、自然の仕組みをよく理解する必要も有ると思いますし、それが自然に対する究極のマナーではないでしょうか。
さらに、そうすることにより、紅葉の楽しみ方も格段に増してくると思います。
自然への感謝を忘れ、また、自然の精緻さを理解しないで、口先だけで、自然環境を唱えるのは、おかしな話だと私は思っています。

この場に及んで、まだ原発を推進する気配が有りますが、とても不安です。
世界一美しいといわれる日本の紅葉は、日本国民全ての大切な財産です。美しい状態のまま後世に伝えなければいけません。
放射能に汚染された紅葉には、さすがの神様もうんざりだと思います。





この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1678《これくらいは心得ておきたい「香典」の意味とマナー》

香典とは、本来死者に手向ける香の代金です。昔は香や野菜や供物を供したものですが、それがやがて現金を包む...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1677《「葬儀」と「告別式」の意味と心得》

結婚式と披露宴は異なります。特に神前結婚式の場合は親族で行うものだと思います。そして、その後の披露宴は...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1676《二十四節気の一つ「小満」。難局に挑み人間力を磨こう》

春先によくみられる色ですが、萌え出る若葉の、やや黄色を帯びた鮮やかな色を萌黄色(もえぎいろ)と表現します。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1674《通夜の心得①》

冠婚葬祭の儀式の中でも葬儀は結婚式のように、当事者が主体的に執り行うことはできません。ということは自分...

[ 弔事のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ