コラム

 公開日: 2011-11-18  最終更新日: 2012-04-17

マナーうんちく話163≪華燭の典と初夜のマナー≫

【冠婚葬祭の知識とマナー39】 厳しい作法が課せられた江戸時代の上流階級の結婚式

今の結婚式は冠婚葬祭の中でも、当事者が主体的に行える儀式です。
そしてその特徴は、「自分らしさ」が尊重され、多種多様なスタイルになっており、さらにウエディング業界も、売り上げアップを目指し、あの手この手の戦略を展開しています。

ところで、昔の結婚式はどうだったのでしょうか?
先ず挙式ですが、挙式に宗教色が取り入れられたのは明治以降です。従って江戸時代の挙式スタイルは、一部の例外を除いて、宗教とは無縁な祝い事でした。

結婚式の執り行われる時刻も夕方からで、新郎の家に、新郎側と新婦側の正装した参列者が集い、新郎新婦が「三三九度の盃」を交わし、その後お馴染みの「高砂」が謡われて、それで終了です。今行われている「人前挙式」と主旨がよく似ています。

この「三三九度の盃の儀式」は、武家階級ではとても複雑な作法が存在していましたが、一般庶民は、精々、盃を交わす程度か、それさえ省略したケースが多いかったようです。つまり、一般庶民は、花嫁が花婿の家に行き、同居すれば、それで結婚成立です。

ちなみに夕刻から行われる結婚式は、華やかな宴を意味する「華燭の典」と言われています。日が暮れて執り行われる祝宴を演出する手法として、「絵ろうそく」が使用され、その華やかさを例えて、華燭の典と称したわけです。その宴に供される料理も、使用する食材、そのいわれ、料理方法等にとても厳しい決め事が有り品数も半端な数ではありません。

そしてその宴の最中に、「床入りの儀式」が執り行われ、それを媒酌人が見届けて、宴の席で参列者に報告し、改めて「目出度し」「目出度し」となるわけですが、この儀式にも様々な作法が決められていたようです。
例えば、夫婦の寝どこは北枕で、新郎が東側、新婦が西側と決められており、漆を塗った長い枕を使用していたようです。

ちなみに「床入りの儀式」とは「初夜の儀式」とも称せられ、新郎新婦が初めて肉体関係を結ぶことにより、夫婦という特殊な人間関係が成立し、それを公認する儀式のことです。
これにより、独身時代の「衣食住」のライフスタイルに、新たに「性生活」が加味され、やがて子どもが誕生し、子孫が繁栄し、血統や家が維持されるということです。
それゆえに、それに望む儀式はとても厳格に定められていたのではないでしょうか。

従って、「床入れの儀式」に望む花嫁は、それまでに他の男性との性交渉は当然あってはならないことです。それを意味する衣装が「白無垢」だったわけですね。

同じようなことがヨーロッパの王侯貴族などにも存在しております。「バージンロード」という言葉もありますし、純白のウエディングドレスもその名残だといわれております。

さらに江戸時代には、新郎・新婦の「寝るスタイル」まで決められていたというから驚きです。ちなみに、当時の新婦の品の良い寝方は「きの字」の形だそうですが、新郎のスタイルは刀の関係が有りより複雑だったとか・・・。

このように、厳粛に執り行われた結婚後、お城に勤務する新郎は職場で、新婦は家庭で、互いに大変厳しい礼儀・作法が要求されました。だから、当時の武家社会にとって、礼儀・作法は、日常生活における必需品であるとともに、教養としても必須科目だったわけです。
但し、それで、新郎新婦がハッピーになれたかどうかは別問題です。
結婚式はどうであれ、その後の二人の態度が大切であるということは、今も昔も変わりませんね。








この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1415《上司から嫌な仕事を頼まれた。どうする?》

「1月はいぬる、2月は逃げる」と言いますが、1月2月は何かと多忙で、あっという間に時間が経過するのでこのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1414《生活文化の根源をなすお稲荷さんと米作り》

都会に住む人はアスファルトの道しか見えませんが、土がいくらか湿り気を含み出し、大地が潤い目覚める頃です。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1413《どちらが大切?「見た目」と「中身」》

山や野の情景に春霞がたなびき、風情が漂う頃です。ところで「霞」と「霧」の違いをご存知でしょうか?霞は...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1412《どこにでもいる嫌な上司。どう接する?》

「春一番」の季節になりました。春一番とは、「立春」から「春分」にかけて吹く強い南寄りの風ですが、昔から「...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ