コラム

 公開日: 2011-11-16  最終更新日: 2012-04-17

マナーうんちく話162≪結婚式と略礼服≫

【冠婚葬祭の知識とマナー38】 結婚式における略礼服考

今の結婚式の装いと言えば、男性は黒のスーツに白色のネクタイ、女性は黒の留袖かワンピースが定番になっていますが、私がホテルの仕事に就いた昭和40年後半くらいから、このようなスタイルが確立された気がします。
葬式の時は、白のネクタイが黒のネクタイに替わりますね。
男性は、同じ服でネクタイの色を変えるだけで、結婚式も葬式にも対応できるわけです。しかも一着有れば生涯着用できる?大変便利な服と言えます。

あまり品の良い表現ではありませんが、猫も杓子も全員略礼服で統一?
何もかも多様化している中、このスタイルは全然変わりません。不思議なことです。

冠婚葬祭のしきたりやマナーは、国民性、文化、歴史、宗教等により大きな影響を受けますが、この他ビジネス上の戦略が大きなウエイトを占めています。
このコラムでもお話ししましたが、「土用の鰻」、「千歳飴」、「クリスマスの行事」、「バレンタイン」、さらに17日に解禁になる「ボジョレーヌーボー」等など。

そして、今回のテーマになっている略礼服もその典型的なものです。
昭和40年代に、ある既製服販売会社が、「冠婚葬祭此れ一着でOK」というようなキャッチコピーで売り出したところ、たちまち全国津々浦々まで普及しました。

当時は今のように、男性のファッション感覚が豊かでなく、いざという時の服装に自信のない人が多いかったので、「此れ一着でOK」のフレーズに飛びついたのではないかと思います。しかもお手頃価格とくればなおさらです。
これを考えた人は、さぞかし賢い人だったと思います。
勿論、この風潮は女性にも及びますが、女性は男性に比べお洒落ですから、種類も多様になります。

さらにこれに追い打ちをかけて、この頃「冠婚葬祭辞典」等という本も出版され、ミリオンセラーを記録しています。
それまでは食べることに精いっぱいだったのが、経済成長と共に物質的な豊かさにあやかれる様になり、改まった場での服装に気を配るゆとりが出てきたのだと感じます。

また、日本の結婚式や葬式の服装のスタイルがこのように黒一色で統一された背景には、日本人の「右に倣え主義」「形式主義」も見逃せないと思います。
結婚式はたまに、明るい感じのブレザーやタキシード着用のお客さんも見られますが、葬式の光景はとても異様な風景だと感じます。なお、葬式に就いては後に触れます。

ここでついでに、少しお洒落な「タキシード」について解説しておきます。

タキシード(Tuxedo)は、色々な説が存在し、アメリカとヨーロッパでは異なりますが、早い話し燕尾服の裾の部分を切り落とした服と思って頂ければいいと思います。
男性用の礼服の一つで、本来は夜間に着るものですが、午後でも着られています。
また、タキシードを中心とした服装を「ブラック・タイ」といい、その言葉どおりに「黒い蝶ネクタイ」を着用します。これは大変用途が広く、晩さん会から気軽なパーテイーまでOKです。社交的な方にはお勧めです。

そしてタキシードより少し格上の燕尾服を着用する時は「ホワイト・タイ」と称され、「白い蝶ネクタイ」になります。

黒のスーツに白や黒のネクタイにせよ、タキシードにせよ、燕尾服にせよ、いずれも改まった時に着用する服です。姿勢を正し、立ち居振る舞いや言葉遣いにも気を配られることをお勧めします。



この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1414《生活文化の根源をなすお稲荷さんと米作り》

都会に住む人はアスファルトの道しか見えませんが、土がいくらか湿り気を含み出し、大地が潤い目覚める頃です。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1413《どちらが大切?「見た目」と「中身」》

山や野の情景に春霞がたなびき、風情が漂う頃です。ところで「霞」と「霧」の違いをご存知でしょうか?霞は...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1412《どこにでもいる嫌な上司。どう接する?》

「春一番」の季節になりました。春一番とは、「立春」から「春分」にかけて吹く強い南寄りの風ですが、昔から「...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ