コラム

 公開日: 2010-07-23 

大暑・ふみの日・暑中見舞い


四季の美しい日本には、一年を24に区切って、
季節の節目の言葉として名付けられた「二四節季」があります。


7月23日、今日は「大暑」です。
太平洋高気圧がどっしりと日本の上空に居座り、気温がドンドン上昇し、
文字通り一年のうちで最も暑い時節、すなわち「暑中の頃」です。


さらに23日は「ふみの日」でもあります。
手紙を書いてみませんか?という日です。
近頃はすっかり暑中見舞いが一般的になりました。


そこで今日は《暑中見舞》について触れてみます。


暑中見舞いとは、本来暑中の時期に相手の健康を気遣う趣旨のものですが、
自分の近況報告や、ご無沙汰を詫びたり、また相手の安否を伺ったりもします。


特に決まったスタイルはありませんので、相手との関係を考慮しつつ、
型苦しい言葉より、自分の言葉で素直に伝えるのがポイントだと思います。
大量印刷で出される時は、少し余白を設け、
2-3行でも直筆の言葉を加味したいものです。


内容は下記のように纏めてみてください。
①「暑中お見舞い申し上げます」の見舞いの言葉。
②相手を気遣う言葉と自分の近況など。
③相手の健康・活躍などを祈る言葉。


思いがけずに暑中見舞いをもらった人には
速やかに(3日以内位)に返事を出して下さい。
暑中見舞いをいただいた旨とそのお礼、
嬉しかったことなどを踏まえて感想等を
添えていただければよいと思います。


誰に出すのかという決まりもないので、「あの人に出したいなー」
と思われる人がいたら、先ずその人に気軽に発信されたらよいと思います。


出す時期は、丁度梅雨明けの今頃から8月7日の立秋までがよいですね。
立秋を過ぎたら「残暑見舞い」になります。


お年玉年賀はがきは昭和24年からですが、
暑中葉書は「暑中見舞用郵便葉書」という呼称で
昭和25年に発行されており、
61年より「かもめーる」の愛称で懸賞付き葉書がスタートしました。


話は余談になりますが、もともと日本には、
正月と盆に贈答品を持参して挨拶回りをする習慣がありました。
それが明治に入り郵便制度が完備されたので、
現在のように書状でもって挨拶するようになったそうです。


つまり暑中見舞いも年賀状と同じくらい大切なものだったわけですね。
何もかもメールに頼る時代だからこそ、
たまには手作りの暑中見舞いも喜ばれますよ・・・


どんなに遠距離にあろうと、
どんなにご無沙汰していようと、
いつまでも心と心の絆を結ぶ
そんな素晴らしい力が
暑中見舞いの葉書には存在する気がします。








この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1394《厳寒の中のぬくもり!苦労を経験すればするほど人は磨かれる》

この冬最大級の冬将軍が居座っていますが1月20日は二十四節季の一つ「大寒」で、一年で最も寒い時期です。ま...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1390《食べ物にも思いやりを!復活させたい「勿体ない精神」》

突然ですが、世界中に「日本食」とされる飲食店が幾つあるかご存知でしょうか?農林水産省の調べでは約886...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ