コラム

 公開日: 2011-11-14  最終更新日: 2012-04-17

マナーうんちく話161≪礼装・正装の意味とマナー≫

【冠婚葬祭の知識とマナー37】 冠婚葬祭時における服装の意味とマナー

「冠婚葬祭シリーズのコラム」はまだまだ続きますが、今回は、よくある疑問の一つ「今時の冠婚葬祭時における服装のマナー」について触れておきます。冒頭に「今時」とあえて付け加えたのは、服装のマナーは、時代と共にめざましく変化しているからです。

律令制度が布かれていた頃にはすでに礼服と言うものが定められており、重要な儀式の際には用いられているようでした。さらに武士の時代に入ると時代劇でおなじみのように、服装のスタイルも大きく変化し、江戸時代になると、白無垢や留袖、振袖が登場し現在に至っています。ちなみに江戸時代の服装の特徴は、公家、武士、町人とで様式が大きく異なっていたということです。

そして、明治になると劇的な変化を遂げます。いわゆる「和装」から「洋装」への移行です。ただ和装から洋装への転換は、決してスムーズには行なわれてはいません。

明治新政府も国交を進めるに当たり、和装で臨むか洋装にするか、岩倉具視らが中心となり激しい議論が取り交わされました。結果は「洋服派」が勝利し、政府高官等の上流階級の間で次第に洋装スタイルが広まり、1945年の終戦を境に、一般庶民の間にも、西洋の服装が急激に流れ込んできました。

ヨーロッパ発祥の洋服が、和服の国に押し掛けてきたわけです。
そしてつい最近までは、国と国との話し合いの席では、気候風土・文化・歴史・宗教等に関わらず、スーツが定番になっているようです。

ところで「礼装」「正装」というと、どんなイメージをお持ちでしょうか?
簡単に説明すると次の通りです。
礼装⇒儀式に出席する時に着る、礼儀正しい服装。
正装⇒正式な服装で、ある程度決められた服装。

具体的には、今時の礼装とは、結婚式の時によく見かける羽織・袴、モーニング、燕尾服、黒留袖、振袖、ドレス等を指し、冠婚葬祭時などの装いです。
また、正装とは中学生や高校生などの制服がこれに当たります。
但し、学生服着用は校則などで定められているケースが多いですが、結婚式や葬儀などでは絶対にこれを着なければいけないという決まりは有りません。要は、着る人が、どのように相手のことを思っているかです。ここがポイントになってくると思います。

マナーとは「思いやりの心」「尊敬の心」であり、それを具体的に表すことですが、服装のマナーも同じ理屈です。相手に対する「思いやり」や「敬意」を大切にすることです。

よく「フォオーマルな服装」と表現されますが、その目的は、「思いやり」や「敬意」を表すために着用するものです。自分を着飾ることより、「私はあなたのことを大切に思っています」という気持ちを表すものです。
それと共に、日常生活の中で着用している服でなく、特別な日に着る服なので、より厳粛な気持ちを醸し出すことになります。

今、「クールビズ」「ウォオームビズ」が流行し、正装の概念が公私ともすっかり変わってしまいました。しかしスーツ、ワンピース、タキシードにせよ、改らたまった衣服を着るということは、それだけ気持ちを引き締めることになります。だから岩倉具視の時代から、議会、役所、教育現場等で130年もの長きに渡り、暑い・寒いに関わらずネクタイ着用が基本になってきたのではないでしょうか。その意味においても公の場では改まった服装が好ましいと私は思いますが、古い考え方でしょうか?省エネと気持ちを引き締めることは別問題だと考えています。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1414《生活文化の根源をなすお稲荷さんと米作り》

都会に住む人はアスファルトの道しか見えませんが、土がいくらか湿り気を含み出し、大地が潤い目覚める頃です。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1413《どちらが大切?「見た目」と「中身」》

山や野の情景に春霞がたなびき、風情が漂う頃です。ところで「霞」と「霧」の違いをご存知でしょうか?霞は...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1412《どこにでもいる嫌な上司。どう接する?》

「春一番」の季節になりました。春一番とは、「立春」から「春分」にかけて吹く強い南寄りの風ですが、昔から「...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ