コラム

 公開日: 2011-11-10  最終更新日: 2012-04-17

マナーうんちく話159≪なぜ7・5・3なの?≫

【冠婚葬祭の知識とマナー36】 「753」に秘められた真実とは?

神社で美しくに着飾った親子の微笑ましい風景が見られる季節ですね。
毎年のことながら、成人式や753の光景は、平和で豊かな日本を象徴しているようです。

只今「冠婚葬祭シリーズ」を連載中ですが、「753」は、子どもの「冠」の祝い事のうちでは最高に華やかなもので、公家や武家階級の風習に由来しています。

ところで、なぜ3歳、5歳、7歳の子どもが対象になるのでしょうか?
4歳、6歳、8歳ではダメなのでしょうか?
今回はそんな素朴な疑問についてのお話ですが、今までこのコラム欄でお話ししてきた中に多くのヒントが存在します。

結論は、陰陽の考え方では奇数がお目出度い数字なので、あえて「753」の奇数の年齢において、儀式を執り行うわけです。
そうなると、「重陽の節句のコラム」では、奇数のうち最も目出度い数字は「9」だと説明しましたが、その「9」がないのはなぜ?という疑問が生じます。
その理由は、当時は平均寿命が非常に短く、子どもは「7歳」までとされており、「9歳」は大人として扱われていたという説から納得できます。

10月の末に地球上の人口が70億人に達しました。
日本は少子高齢社会で人口減の国になっていますが、地球全体ではすごい勢いで人口が増加しています。そしてその背景には、子どもの死亡率が大幅に改善されてきているという事実が有るようです。言葉を換えると今まで低開発国では、多くの子どもが飢餓や病気で命を落としていたわけです。

日本でも、753の儀式が誕生した背景には、子どもの死亡率の高さが有ります。
3歳から4歳になって、初めて今の戸籍に当たる人別長に登録されたわけです。
栄養状態も悪く、医療技術・制度も確立されてないため、子どもを無事に育てるには大変な苦労を要したわけですね。そしてその不足分を目に見えない神様に委ねていたわけです。だから、子どもが成長の節目を迎えることを大変喜び、神に感謝し祈るために、盛大な儀式を執り行いました。


ところで、「753」は「数え年」で行っていましたが、最近では「満年令」で行う人も増えてきました。いずれにせよ、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の年に行うのが一般的です。

また、「753」と言えば「千歳飴」になるわけですが、これはすでに江戸時代頃から販売されていたようです。紅白の餅に、お目出度い絵柄を書いた長い飴のことです。
その飴がなぜ長いのか?と言えば「寿命が長く伸びるよう縁起をかついだ」からです。

平賀源内が商売繁盛のため土用の鰻を考案したように、当時の商魂たくましい江戸商人が、売上アップの戦略の一環として製造販売したという説が有力です。

現代のように、医療技術が進歩し、子どもが健やかに育つのが当たり前のような時代でも、子どもの成長に縁起を担ぎたくなる親心は、昔も今も変わりませんね。




この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1622《目は口ほどに物を言う!」。大切にしたい「視線」のマナー》

「嘘をついても目を見ればよくわかる」とよく耳にします。また「目は口ほどに物を言う」と昔から言われます。...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1621《今流の男の礼儀作法④「礼儀作法は教養の代名詞であり、生活の必需品だった

経済力や地位が高まれば次に望むものは知性や教養というのは古今東西普遍のようですね。「衣食足りて礼節を知る...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1620《雨水!春の雨で鋭気を養い、自分らしい花を咲かせよう》

雪が多い年は豊作になるといわれていますが、「瑞花(ずいか)」という吉兆を表す言葉があります。雪が多く降...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1619《ブランド志向とティファニーのテーブルマナー教本》

今の子育ては間違いだらけ!?教育者ではないので、子どもの教育のことはよくわかりませんが、若者の様々な研修...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1618《どう思う?「ブランド志向」》

頭の先からつま先まで!ブランド商品で固めた人をよく見かけるようになりました。それだけ物が豊かになった...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ