コラム

 公開日: 2011-11-08  最終更新日: 2012-04-17

マナーうんちく話158≪立冬とウオームビズ≫

ピンときませんが11月8日(火)は二十四節季の一つ「立冬」、つまり暦上では冬になります。
いくら暦上で冬とはいえ、11月4日には高梁市や和気町では夏日を記録しており、とても冬の始まりとは思えませんね。
しかし例年通りに行くと、この日を過ぎれば確実に太陽の光が弱くなり、冬枯れが目につき、寒気を覚えるようになってきます。

最近は都市部において季節感がすっかり失せてしまったようですが、せめて言葉にだけでも、移りゆく自然観をとどめていることは素晴らしいことだと感じます。
それをフォローするために、現代人はあえて「暦の上では」と表現するのでしょうね。
なかなか捨てたものではなさそうです。

ちなみに、暦上の季節区分は、立春・立夏・立秋・立冬のように「昼の長さ」を基準にしたものと、春分・夏至・秋分・冬至のように「気温」を基準にしたものがありますが、いずれも農事には今でも欠かせません。私も多少の農作物を作っていますが、土づくり、種まき等の参考にするところは大です。

ところで、立冬を過ぎ、寒さが身に沁みるようになったら「ウオームビズ」ですね。
環境省が二酸化炭素の排出を抑制するためにウオームビズを提唱して7回目?の冬を迎えることになります。

今年は原発事故のせいで、夏に厳しい節電が求められ、徹底した「クールビズ」が実践されただけに、電力の供給不足に対応するための「節電」がすっかり浸透しました。
だからウオームビズもほとんど抵抗なく受け入れられるのではないでしょうか。
またこれに乗じて、衣料業界、電機業界を始め、暖房に関連する業界は、あの手この手で売り上げアップの戦略を練っていることだと思います。

環境保全に奏功し経済の活性化に寄与するこれらの取り組みは、それはそれで素晴らしいことですが、ここではあえてこれ以上触れません。

只今このコラムでは冠婚葬祭シリーズで「結婚をテーマにしたお話し」を展開しておりますので、ここでは、それにふさわしいウオームビズをお勧めしたいと思います。


《「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答えてくれる人のいるあたたかさ》。
俵万智さんの短歌で、「幸せ婚推進派」の私の大好きな短歌です。
この歌は、独りではないというありがたさを詠んだもので、コミュニケーションの本質をついていると思っています。
3月に東北地方を襲った大震災を契機に、結婚を望む人が増加したそうですが、益々この短歌の心境が良く理解できる気がします。

冬の特徴は日が短いことと気温が低いことです。小学生でも知っています。
つるべ落としといわれるように日暮れが早く、朝夕の冷え込みが強くなってきますと、暖かい衣料や暖房器具の充実と共に、「人のぬくもり」も恋しくなってきます。

犬や猿などの暖房器具や衣服を持たない動物達は、寒くなると互いに体を寄せ合って暖をとりますが、その光景は何とも微笑ましいです。

人間も同様です。
屋外では「寒いね」と言って共に手をつないだり、屋内ではフーフー言いながら互いに鍋をつついたり・・・。人と人との間に生ずる暖は格別です。
立冬を機に、既婚の人も未婚の人も、今一度人の温かさをかみしめてみられては如何でしょうか?
環境にも良いし、お金もかからない、最良のウオームビズです。






この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1395《正しく使用したい慣用句。「気がおけない」「的を射る」の使い方》

言葉は感性そのものかもしれません。美しい言葉を沢山持っている人は、それだけで魅力的です。特に日本は四...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1394《厳寒の中のぬくもり!苦労を経験すればするほど人は磨かれる》

この冬最大級の冬将軍が居座っていますが1月20日は二十四節季の一つ「大寒」で、一年で最も寒い時期です。ま...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ