コラム

 公開日: 2011-11-05  最終更新日: 2012-04-17

マナーうんちく話157≪好感の持たれるスピーチ≫

冠婚葬祭の知識とマナー35】 結婚披露における感じの良いスピーチとは?

ホテルでの仕事上、数えきれないくらい多くのスピーチを聞いてきました。中でも一番多いのは結婚披露宴でのスピーチですが、このスピーチほど聞き手に差がでるスピーチはないと思います。
そして聞き手に好印象を与えるスピーチには「ツボ」があります。そのツボをしっかり押さえることが肝心です。平松流のツボの押さえ方を解説します。

○結婚披露宴のスピーチは急に指名されることは殆どありません。前もって依頼されますので、披露宴の流れを進行表等で押さえて置いて下さい。

○新郎新婦はなぜあなたにスピーチを依頼したかと言えば、あなたを信頼しているからです。ここをしっかり理解し喜んで望んで下さい。そして、自分のスピーチはどういう立場で、どのような内容のスピーチかを明確にして下さい。ここは大切ですよ。特に主賓としてのスピーチは他のお客さんとの兼ね合いが有りますので良く確かめて下さい。

○それに合わせ、話す内容を原稿にしたためます。概ね400字詰め原稿用紙3枚くらいがお勧めです。主賓の挨拶であれ、友人や同僚であれ、下記のように纏められたら良いです。
・お祝いの言葉⇒やはり冒頭にはお祝いの言葉です。簡単に言えます。
・自己紹介⇒新郎新婦との関係ですが、司会者が詳しく紹介してくれるので其の補足程度。
・エピソード、人柄など⇒メインになるところです。全体の8割くらい。ポイントは新郎新婦の人柄や、自分しか知らないような「ちょっと良い話し」をなるべく具体的に纏めて下さい。
・激励、はなむけの言葉⇒前の話を受けるような形にして纏めて下さい。
・結びの言葉

○いよいよ本番です。司会者が次は○○さんですといわれたら、落ち着いてその紹介の内容をよく確認して下さい。一通り紹介が終わったら起立して所定の場所に出向きます。この際椅子を必ず元に戻して下さい。この時点では、お客さんの視線はあなたに注がれています。椅子を戻す動作は、良い面においてとても目立ちます。あなたの品が出る場面です。

○所定の場所に着いたら、姿勢を正し、笑顔を添えて、新郎新婦とお客さんに軽く会釈をします。この際、新郎新婦も起立したら、着席を勧めて下さい。あなたが着席を勧めなかったら、新郎新婦はじっと起立したままスピーチを聞くことになります。特に主賓格としてのスピーチの時は注意して下さいね。

○聞き手に好印象を与えるスピーチは、何と言っても姿勢と笑顔にあります。加えて声は明るく元気な声が受けます。話すスピードは比較的スローテンポがお勧めです。
お客さんの受けを狙ったり、上手に話すことに気を取られるより、心を込めて話して下さい。原稿はなるべく読まないで、内容により新郎新婦を見たり、お客さんの方を見たりして一生懸命励んで下さい。

原稿を読んだのでは新郎新婦やお客さんの表情が把握できません。目と目を見ながら話すということは、目を合わすことで心を交流させるからです。出来れば原稿なしでスピーチが出来るよう練習して下さい。

○最後に結びの言葉として「本日は本当におめでとうございます」と述べて、ここで深々とお辞儀をします。ここもとても大切です。繰り返します。スピーチの時の最初のお辞儀は軽く、最後のお辞儀は丁寧に締めくくって下さい。

結婚披露宴のスピーチは、指名された時から終わるまで全員の視線が注がれます。話しの内容や話し方も大切ですが、それに伴う立ち居振る舞いも大切です。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1543《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め①》

食べることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。では「味覚の秋」「食欲の秋」を存分に楽しまれていますか?...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1542《「稲刈り」と「初穂料」》

実りの秋、収穫の秋を迎えています。この時期には全国津々浦々で稲刈りが始まっていますが、同時に秋まつりが行...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1541《「ありがとう」の連発が人生を好転させる》

秋雨前線の影響でしょうか?気温も急降下し本格的な秋の訪れが実感できますが、暦の上では菊の花が咲く時期です...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1540《神無月に出雲に出張された神様はどんな仕事をされるの?》

10月も半ばになると、昼間の時間が短くなったのが実感できるようになりますが、暑くもなく寒くもなく、最も過ごし...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1539《日常生活を心豊かにする「ささやかな幸せ」の感じ方》

秋は月。そして虫の声。昨夜の月はとてもきれいでしたが、一年の中でも一番美しいといわれる秋の月を眺めて...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ