コラム

 公開日: 2011-11-01  最終更新日: 2012-04-17

マナーうんちく話155≪結婚披露宴でのマナー②≫

【冠婚葬祭の知識とマナー33】 結婚披露宴、余興からお開らき、2次会まで

結婚披露宴におけるスピーチや歌などは、事前に綿密な打ち合わせが有り、その場で突然指名されることは有りませんが、時にはそのようなこともあります。
万一急に指名されても、快く受けて下さい。このような時には適度のアルコールは役に立ちます。その際、急に始めるのではなく、おめでとうの言葉を添えて下さい。
また、全員で行う余興等は積極的に参加し、場を盛り上げるようにして下さい。
兎に角、周囲の人と楽しい会話を心がけることが大切です。勿論、会話の内容は新郎新婦に関連した話題になります。

司会者が「お開き」を告げたら、もう一度自分のテーブルの前を見つめて下さい。
洋食のコース料理の場合は料理はほとんど残っていませんが、和食の場合はお膳を再度綺麗に整えて下さい。箸をキチンと置いたり、器などをキレイに揃えたりして下さい。「立つ鳥跡を濁さず」です。ここにその人の品格が出ます。

ナプキンは料理を早く食べ終わっても、「お開き」の合図が有るまでは膝の上です。
「お開き」の合図が有ったら、ナプキンを軽くたたんでテーブルの上におきます。この際、杓子定規にたたむ必要は有りません。

席を立つ時に、自分の名札や席次表は引き出物と共に持ち帰ります。
席から出る時は左から出ますが、両隣の人には退席の挨拶をして下さい。
席を離れるタイミングですが、不必要に急がず、流れに沿って下さい。

出口では、新郎新婦、媒酌人、新郎新婦の親がゲストにお見送りをします。
その際、「おめでとうございました」「とても素敵な結婚式でした」などの、お祝いやねぎらいの言葉も添えて下さい。但し手短に・・・。


さらに、引き続き二次会に出席するようでしたら、遅刻しないように移動して下さい。
二次会のみ参加している人が結構いたら、スピーチなどは、その人たちに譲ってあげることもお忘れなく。但し、場を盛り上げることに関しては積極的に協力して下さい。
2次会は儀礼的ではないので、友人達が和やかな雰囲気の中で、楽しく盛り上がるのが理想です。

二次会は会費性のケースが多いと思いますが、この場合は、お釣りのいらないよう会費を受付で渡して下さい。会費=お祝いになるので、これ以上は基本的には不要です。
なお、お金は会費ですから、祝儀袋に入れる必要は有りません。

ところで日本には昔から、慶事をことほぐ「祝言(しゅうげん)」という言葉が有ります。
非常に美しい言葉だと思います。お祝いの言葉であり、結婚式そのものを指差す言葉でもあります。今でも「結婚式を挙げる」ことを「祝言をあげる」という人もいます。

このように結婚式の会場は、昔も今も、新郎新婦の幸福を祈り「おめでとう」の言葉が飛び交うわけですね。「最初におめでとうと言ったからもう言う必要はないだろう」ではなく、当日は何回も何回も「おめでとう」の言葉を発して下さい。大きな会場で、よその組のお客さんと廊下ですれ違っても、互いに「おめでとう」の言葉を交わすことをお勧めします。
結婚式とはそういうものなのです。









この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1564《あなたはいくつ当てはまる?「理想のいい夫婦像」とは》

例年より早く各地から雪の便りが届くようになりましたが、11月22日は二十四節気の一つ「小雪」です。平地でも...

[ 結婚のマナー ]

マナーうんちくばなし1563《どう違う「水引」と「リボン」②》

【水引の色】水引の色にはいろいろありますが、大きく分けて慶事用と弔事用になります。最も多いのは「赤と白...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1560《七五三がテーマのわらべ歌と子育て》

「子どもは神の子」といわれていた時代、三歳、五歳の子供が成長すれば喜びも大きかったわけですが、七歳になれば...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ