コラム

 公開日: 2010-07-18 

江戸しぐさと夏の健康管理


梅雨が終わり夏になることを「梅雨明け」もしくは「出梅」と言いますが、
今年は3連休の初日でタイミングが良かったです。

このコラム欄で、梅雨入りに際して、「江戸しぐさと傘かしげ」について書きましたが、
梅雨明けの今回は、「江戸しぐさと夏の健康管理」について触れてみます。

江戸時代の庶民の夏の健康管理!といえば具体的にどのようなことを
イメージされますか?

実は江戸しぐさの「しぐさ」とは「思草」と書き、
「思っていることが行動に出る」ことです。

その江戸しぐさですが、実は非常に多く1000前後存在したといわれております。
人口が大変密集していた江戸では、互いが快適に生活できるよう、
他者と自分自身に対して、思いやりの精神を発揮していたようです。

そして江戸しぐさの中でも「自己管理」はとても重要事項で、
食事前の手洗い、人が使用した食器は熱湯で洗う等、
衛生面での自己管理も徹底していたそうです。

また夏の健康管理としては、昼寝の時間をいつもより30分位多めに取り、
夏バテしないよう心がけていたとか・・・

さらに、涼を取るための打ち水、うちわ、風鈴、浴衣、すだれ、舟遊び、
さらに栄養面では甘酒、ウナギ等など、
江戸時代の人々の夏の生活の知恵は、
数えきれないくらいありますが、
基本的には、
暑いときはあまり働かず「のんびり」と、
それでも暑ければひたすら「我慢」あるのみのようでした。

のんびりとした生き方は真似てみたいですが、
我慢はすっかり苦手になってしまいました。
皆さまは如何でしょうか。

私は高校・専門学校・大学などで学生にマナー指導や人生講話をしますが
その時は、美辞麗句を並びたてるのではなく、
現実の社会の厳しさ、そして、
「若い時に苦労すること」と「我慢することの大切さ」を説きます。

「我慢は美徳」といったら、「戦争中でもあるまいし何を申すか」と
お叱りを受けるかもしれませんが、
梅雨が明けてちょっと暑くなれば、
すぐにエアコンに頼ってしまう現代人こそ、
一番我慢することの必要性を再認識していただきたいと感じます。

美しい響きを持つ現代風の「エコ」と、
マイナスのイメージを持つ昔風の「我慢」には、
受ける印象に大きな格差がありますが、

なにもかも「エコ」という言葉に踊らされるより、
「我慢」することも、時には大切にしたいものです。

今年の夏はいろいろな意味において、
江戸時代の人々の夏の粋なしぐさを
見習ってみるのもいいかもしれません。







この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1512《「金持ち」もいいけど「友持ち」「仲間持ち」もね。(終活⑤)》

ひと歳重ねてつくづく思うことは、高齢期を《幸齢期》にするためには気の置けない「友人」や「仲間」が大切だとい...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1511《終活になぜ生活設計が大切なの?(終活④)》

【感謝の心と気概をもって】世界屈指の長寿国になった日本。あなたはどのように生きますか?期待と不安が...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1510《自分らしく輝いて生きるために!「人生設計」のお勧め(終活③)》

【人生100歳、二毛作時代の到来】日本の平和な家庭の象徴である「サザエさん」は相変わらず人気ですが、サザエさ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1509《改めて考えたい「終活」の意義と意味②》

【終活の捉え方】人生の終わりに向けて自分らしい終わり方ができるように、身も心も元気なうちにとる様々な準備...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1508《改めて考えてみたい「終活」の意義と意味》

【はじめに】最近やたらと「活」がつく言葉が氾濫している気がします。「就活」「婚活」「恋活」「離活」「産...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ