コラム

 公開日: 2011-10-25  最終更新日: 2012-04-17

マナーうんちく話152≪結婚式、招待客のマナー≫

【冠婚葬祭の知識とマナー30】 結婚式に招待を受けた時の当日までのマナー

今回から結婚式に関する多様なマナーに触れて行きます。
「招待客としてのマナー」と「本人及び主催者としてのマナー」について順を追って解説いたします。

先ずは招待客としてのマナーからです。
初回は「招待を受けて結婚式に参列するまで」に心がけて頂きたいことをお話しします。

結婚式に参列するに当たり一番大切なことは、「結婚を共に喜び祝福する気持ち」です。そして、その気持ちをいかに伝えるかです。マナーの基本ですね。

○招待状の返信
出席可能な場合は速やかに返信して下さい。その際にお祝いの言葉もぜひ添えて下さいね。
出席できない場合は少し遅れて返信されることをお勧めします。その際お祝いの言葉と共に、欠席の理由も簡潔に書いて下さい。但し縁起の良くない理由なら、表現を変えて下さい。いずれにせよ指定された返信期日は守って下さい。

招待状を頂いても、欠席の場合は出来る限り「祝電」を打つといいでしょう。
最近は儀礼的な定型文からユーモアのあるユニークな文章までいろいろ揃っていますが、それを利用されるのも良いですし、自分流にされるのも良いです。

また招待状を受け取った以上は、電話やメールでの返事は避けて下さい。
出席できるか否かわからない時は、早めにその旨を伝えて下さい。

○お祝いする
結婚のお祝いは、西洋では「自分の家の庭に咲いた薔薇を贈る感覚」、すなわち手作り感覚が一般的のようですが、日本では祝儀袋で現金を贈るスタイルが主流です。文化の違いですから良い・悪いは別です。
現金の場合にせよ、品物の贈り物にせよ、本来なら結婚式の前に本人に渡すのが一番いいと思いますが、最近では結婚式の当日に受付に渡すケースが圧倒的に多いようです。

金額についての質問をよく受けますが、これは、本人との間柄や自分の立場や収入、あるいは披露宴に出席するか否か等を考慮されたらよいと思います。
ところで金額は、奇数・偶数を問題にされるようですが、私はあまり関係ないと思います。また紙幣も新札がいいとされますが私はこだわりません。
私が頂く側だったら、キレイな紙幣で3万円頂くより、汚れたお札でも4万円頂く方が嬉しいです。問題は金額だと思います。従って迷われたら多い金額がお勧めです。
但し、新郎新婦が奇数・偶数、あるいは「4」や「9」の数字にこだわるようでしたら、そのように配慮して下さい。

品物を贈られる場合は、親しい間柄では、相手に希望を聞かれることをお勧めします。その際贈る側の予算もお伝え下さい。
但しお祝いの品を当日持参するのは感心しません。

○披露宴でスピーチを頼まれた時の心得
お願いされたら気持ち良く受けて下さい。その際「どういう立場」で「どのような内容」のスピーチかを明確にして下さい。例えば主賓としても祝辞か、上司や友人としてのお祝いの言葉を述べるのか、あるいは親族としての謝辞か?内容も重みも異なります。

スピーチの時原稿を読まれる方がいます。むしろ大半はこのタイプの人です。
マナーの本にも、原稿を読めばいいと書いてある本もありますが、私はあまりお勧めできません。新郎・新婦のためにも格好いい所を見せてあげて下さい。

従ってスピーチを依頼されたら、原稿を作り、本番に備えて練習有るのみです。
招待を受けた時に、最もこだわりたいマナーの一つです。
なお、「好感の持たれるスピーチ」については後ほど触れます。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1414《生活文化の根源をなすお稲荷さんと米作り》

都会に住む人はアスファルトの道しか見えませんが、土がいくらか湿り気を含み出し、大地が潤い目覚める頃です。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1413《どちらが大切?「見た目」と「中身」》

山や野の情景に春霞がたなびき、風情が漂う頃です。ところで「霞」と「霧」の違いをご存知でしょうか?霞は...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1412《どこにでもいる嫌な上司。どう接する?》

「春一番」の季節になりました。春一番とは、「立春」から「春分」にかけて吹く強い南寄りの風ですが、昔から「...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ