コラム

 公開日: 2011-10-23  最終更新日: 2012-04-17

マナーうんちく話151≪肥えるのは馬だけよ!≫

【冠婚葬祭の知識とマナー29】 「食欲の秋」と「もったいない精神」

移ろいゆく季節がしっとりと感じられる今日この頃です。
スポーツの秋を身体で、芸術の秋を目で、そしてグルメの秋を舌でしっかりと堪能したいものですね。

さて、10月24日(月)は二十四節季の一つ「霜降(そうこう)」です。
霜が降るという意味です。岡山や倉敷等の県南では、霜が降るのはまだ先のことですが、県北の方では畑田に白いものが見えるようになります。
また、霜降を「しもふり」と読んだら、和牛を連想しますが、これは牛肉の脂肪があたかも大地に霜が降りたように見えるからです。

そして丁度この頃は、空気も澄み、巷には牛肉に限らず、美味しい食べ物が勢揃いし、まさに「天高く馬肥ゆる秋」となるわけです。
但し、肥えるのは馬だけにして頂き、皆様方は食べ過ぎに注意して「賢い食生活」を心掛けていただければと思います。
今回は食欲の秋にちなんで、「もったいない精神」のお話です。

今や死語になりかかっている「もったいない」を復活させた大の功労者は、先日亡くなられたケニアの元環境副大臣マータイ博士ではないでしょうか?
親日家として幾度も日本を訪れた彼女は、日本の「もったいない」に感銘を受け、この精神を国連で演説し世界に発信されました。

ところで、この「もったいない」の本来の意味は、「食べ物を粗末にしない」ことに由来します。さらに、単に粗末にしないだけではなく、「食べ物」や「料理を作ってくれた人」にも感謝する気持ちが込められています。

私はホテルで、レストラン・宴会・ブライダルの仕事を通じ長年「食」に携わってまいりました。その中で日本人は、世界に誇る素晴らしいモノを沢山持ちながらも、決して「ハッピーにはなれないなー」と感じていたことが幾つかあります。
その一つが、食べ残し、いわゆる食品廃棄物の量です。あまりにも多すぎます。勿体ない限りです。さらにこの廃棄物を処理するのに多大なエネルギーが必要になります。

「食べることは生きること」に繋がる最も大切なことですが、ここがだらしなければ、どんな素晴らしいことを言っても無意味だと思います。

食料自給率が先進諸国の中で最下位の日本が、世界屈指の「飽食の国」であり「美食の国」であることは、それは日本人のカイショウで素晴らしいことだと思います。
しかし、飢餓で亡くなる人や恒常的栄養失調に苦しんでいる人が世界中で大変多く存在する状況下で、食べ物を粗末にする行為は大変恥ずべき行為です。

日本人の排出する食品廃棄物の量の食べ物が有れば、地球上から飢餓が無くなるといわれております。
日本は食に関しての安心・安全にはとても敏感です。勿論このことを否定するつもりは有りません。しかし、それと共に「食べ方」にも、より気を配るべきだと痛感します。
ご馳走を腹いっぱい食べられることを感謝するとともに、地球上で飢えに苦しんでいる人達のことも少しは考えて、少しでも食べ残しを無くすよう心がけて頂きたいものです。

ついでに「賢い食べ方」もあわせてお勧めします。
食べ残しをせず、適量を、楽しく食すことです。
世界一長寿の国に住みながら、食べ過ぎ・飲みすぎて肥満になり、やがて生活習慣病になり、寿命を短くすることは、最ももったいないことだと思います。

今、循環型社会を目指し、猫も杓子も「3R」のリデュース、リユース、リサイクルを唱えていますが、其の元になるのは「勿体ない精神」です。
そして、その勿体ない精神の真髄は、「食べ物を粗末にしないこと」と「感謝の心」です。
グルメの秋にこそ、思い起こしたいことです。




この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1369《幸運を呼ぶ「運盛り」のお勧め》

国土の7割以上を山で覆われている日本では、四季折々の山の様子を人に例えて非常におおらかな表現をしています。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1368《二十四節気の一つ「大雪」と「イルミネーション」》

最近公民館、女性大学、地域、教育委員会、諸団体等からの「年中行事」に関する講演依頼が増えてきました。10日は...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1367《大切にしたい服装のマナー》

「クールビズ」や「ウオームビズ」が浸透したせいで、服装もかなりカジュアルになり、個性が尊重されるようになり...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ