コラム

 公開日: 2011-10-03  最終更新日: 2012-04-17

マナーうんちく話143≪昔と今、どう違う恋愛事情≫

冠婚葬祭の知識とマナー21】 意外におおらかだった明治以前の恋愛事情

前回、「縁結びの神様」に触れましたので、その続きとして、これから当分の間、恋愛・結婚・離婚事情などについてユニークなお話を展開していきたいと思います。
既婚の人も、未婚の人にもなにかと参考になっていただけるのではと思いますので、お気軽にお付き合いください。
平松の経験や主観によるところが多々ありますので、念のためご了承ください。
とりあえず、昔と現在の「恋愛事情」からのスタートです。


入試以来すっかり遠のいている方も多いと思いますが、「古典」の時間を振り返って下さい。
「古事記」では、いきなり神様が恋愛をして「国」が産まれました。
さらに、日本の現存する最古の歌集である「万葉集」。
天皇や貴族から一般庶民まで、4500種以上の歌が編纂されており、「雑歌(ぞうか)」「挽歌」「相聞歌」と、3種に分類されているのはご存知の通りですが、その中の「相聞歌」こそ、実は男の女の恋愛の歌なので有ります。
さらに「源氏物語」は、藤原氏と源氏の政治闘争の物語であるとともに、文句なしの恋愛小説ではないでしょうか。

このように、1000年も1200年も前に書かれた恋や恋愛の物語。
形は様々ですが、特徴を一言で表現すれば、「おおらかさ」だと思います。

江戸時代しかりです。
江戸時代の恋愛は、実に理想的な恋愛で、自分と相性が合う人を求め、男も女も年頃になると、おおらかな恋愛を楽しんでいたというのが定説のようです。まさに自由恋愛そのものですが、当時は自由な中にも凛とした礼儀・作法が存在し、それを無視するととんでもないことになったそうです。

また、自由恋愛が旺盛だった江戸時代の結婚観は、男女の交わりにも比較的おおらかで、婚前交渉も当たり前で、いまでいう「出来ちゃった婚」も結構多かったようです。

しかし、これらはあくまで庶民のスタイルで、武家階級となるとそうはいきません。
現代では考えられないような、家と家の政略結婚等も存在したのは周知の通りです。
武家階級はとにかく「家」を存続させるために、家の跡取りが外部より妻を迎えるわけですが、その妻が結婚前に、誰それなしに自由恋愛していたのではたまりません。
従って、武家階級の娘さんたちは相当厳格な環境にあったようです。

その名残は、現在の結婚式でも花嫁が身につける「白打ち掛け」にも見ることができます。
白打ち掛けは、「純潔」を象徴する衣装だったわけですね。
以前にも述べましたが、ヨーロッパのウエディングドレスの感覚に似ています。

士農工商の身分制度のもと、下級階級だったが自由恋愛を謳歌できた一般庶民と、特権階級ながら何かと制約の多かった武家階級、どちらが幸せだったのでしょうか?

それにしても、何もかも豊かで、何ら制約を受けないで、大いに自由恋愛を謳歌できる環境にありながら、恋愛に前向きになれない現代の若者。複雑ですね。どう思います?







この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

53

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1658《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食3」》

洋食はソースの種類が多く、しかもそれが誠に美味しいのが特徴ですが、前に頂いたフォークやナイフで次の料理を食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1657《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食②」》

洋食を食べるときに使用するナイフ・フォーク・スプンは、総称して「カトラリー」と呼ばれます。英語では「cut...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1656《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食①」》

料亭や旅館などの和室で和食をいただく場合は、男性優位になるケースが多々ありますが、ホテルやレストランで洋食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ