コラム

 公開日: 2011-09-29  最終更新日: 2012-04-17

マナーうんちく話141≪秋祭りと和の心≫

【冠婚葬祭の知識とマナー19】 秋祭りと和の心と神様の存在

9月も終わりに近づくと、すっかり秋を実感できるようになりました。
そして、日本の秋と言えば、全国津々浦々に至る「お祭り」ですね。

日本のお祭りは、まさに四季を彩る風物詩です。
今回は、華やかな中にも、どこか郷愁を誘う秋のお祭りに触れてみることにします。
少子高齢化、過疎化等のあおりを受け、お祭りも年々縮小傾向にあるようですが、地域の大切な絆づくりです。出来る限り存続していきたいものです。

ところで、日本ではお祭りが殆ど秋に集中しておりますが、その理由は、
①収穫を喜び、神様に感謝するため。
②稲刈りが済み、仕事が一段落するため。
③収穫したので、経済的にゆとりが有るため。等と考えられています。


またお祭りには「おみこし」がつきものですので、おみこしについて触れておきます。
元々の意味は「輿」で、それに「御」をつけ「神輿」になり、さらに「御」をつけ、「お御輿」になりました。ご飯に付いてくる「付け」が、「おみおつけ」になったのと同じ理屈ですが、この「輿」は、神様がお乗りになる「輿」だから、「神輿」とも表現されます。
ちなみに、日本の神様は、お祭りの時にお越しになり、一時的に「輿」に鎮座され、終われば再びお帰りになると考えられています。

「輿」である以上は、担ぎ手により移動するわけですが、その時に「ワッショイ・ワッショイ」という掛け声をかけますが、「ワッショイ」という掛け声には、「和と一緒」「輪を背負う」という意味が有り、日本人がいかに「和」を大事にしてきたかが伺えます。

余談事になりますが、聖徳太子が作られた「17条の憲法」の第1条に、「和をもって貴しとなす」と記載されていますが、実はこれが日本における成文化されたマナーの始めだとされています。その教えが未だに、お祭りという伝統行事を通じ継承されていることは素晴らしいことだと思いませんか?これぞ世界に誇る日本人の精神文化だと思います。

加えて、地域によっては、「おみこし」を激しく動かす担ぎ方もありますが、これは、お御輿を大きく揺り動かすことで、神の霊を活性化させるためだという説が有力です。


日本人にとって、お御輿を担いで練り歩く姿は、小さい頃から見慣れた風景ですが、なぜ、お御輿を担いで街を動き回るのでしょうか?
実は、ここでも神様はすごい働きを人間のためにして下さっているわけです。
具体的には、街の災難や穢れを取り除いて下さっているのです。
日本の神様は、豊作や大漁をもたらして下さった上に、街を祓い清めて下さる大変ありがたい存在なのです。改めて感謝!感謝!です。
其の感謝の心を態度で表すために、神様にお参りした時には、出来る限り深々と頭を下げるのがマナーです。この姿勢はどこの国でも同じだと思います。

そして、盛大に行われたお祭りが終われば、寒い地方では、早々と冬の足音が聞こえてきます。秋のお祭りは、どこかしみじみした風情が有るのはそのせいでしょうか?

次回は10月。神無月になりますので、「神様と結婚」についてのお話です。ご期待下さい。






この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1678《これくらいは心得ておきたい「香典」の意味とマナー》

香典とは、本来死者に手向ける香の代金です。昔は香や野菜や供物を供したものですが、それがやがて現金を包む...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1677《「葬儀」と「告別式」の意味と心得》

結婚式と披露宴は異なります。特に神前結婚式の場合は親族で行うものだと思います。そして、その後の披露宴は...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1676《二十四節気の一つ「小満」。難局に挑み人間力を磨こう》

春先によくみられる色ですが、萌え出る若葉の、やや黄色を帯びた鮮やかな色を萌黄色(もえぎいろ)と表現します。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1674《通夜の心得①》

冠婚葬祭の儀式の中でも葬儀は結婚式のように、当事者が主体的に執り行うことはできません。ということは自分...

[ 弔事のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ