コラム

 公開日: 2011-09-23  最終更新日: 2012-04-17

マナーうんちく話138≪贈り物を渡す時のマナー≫

【冠婚葬祭の知識とマナー16】 贈り物を差し上げる際のマナー

およそ、日本の文化において、贈り物を差し上げる時ほど細かな気遣いをすることはないと思います。私は長い間結婚式の仕事に就いていましたので、実に多くの「結納の儀式」のお世話をさせていただきましたが、結納時の贈り物の形は、その典型的な表れです。
今は昔に比較して、結婚披露宴は大変豪華になっていますが、結納の意義は残念ながら廃れてきているようです。本末転倒も甚だしいと感じておりますが、この件は後日詳しく触れていくとして、今回は贈り物を差し上げる際のマナーに触れてみます。


贈り物を差し上げる時には、心を込めることがなにより大切ですが、心を込めた表現の仕方も大切です。直接伺って贈り物を渡す時は、表書きが相手から見える向きにして、両手に持って渡すのが基本です。
渡すタイミングは、部屋に案内されて、正式な挨拶を交わした後になります。両手で渡す時に、お祝い事や喜び事の場合は、「この度は誠におめでとうございます。これは心ばかりのお祝いでございます。」等の言葉を添えて下さい。長寿祝いや入学祝いなどはさらに前向きな言葉にしてもいいです。

●洋室で渡す時
挨拶がすんだら、たったまま、風呂敷の包みを開き、品物をテーブルの上に置き、風呂敷をたたみ、椅子に置き、品物を両手で渡す。この時、風呂敷はテーブルには置かず、椅子に置くようにして下さい。紙袋だったら、紙袋から品物を取り出しで渡します。紙袋のまま渡さないでくださいね。もし紙袋も頂いてほしかったら、先に品物だけ渡して、「この紙袋はご覧の通りとても綺麗で、何かと便利ですので、よろしかったらどうぞ」等の言葉を添えて渡して下さい。

●和室で渡す時
挨拶がすんだら、まだ座布団に座らないで、風呂敷の包みをほどき、品物を前に置き、風呂敷をたたみます。大体ハンカチの大きさ程度がいいでしょう。次に、お祝いなどの言葉と共に、品物を両手で持ち、渡します。持ち上げる高さは相手により異なりますが、大体胸の高さ位がお勧めです。

ちなみに、格調高い贈り物を持参する時には、風呂敷に包んで持参されるのがお勧めです。理由は、「私は贈り物を汚れないように、丁寧に包んで持参しました」という心配りのためです。それほどこだわりが無い時には紙袋等でも構いません。
また、風呂敷にせよ、袋にせよ、ほこりがつきものです。従って渡す時には、風呂敷や袋からほどいて渡します。テーブルに置かずに椅子に置くのもその理由からです。

ところで、家紋の入った風呂敷を作られては如何でしょうか。何かと便利です。紫色の生絹ちりめん製がいいですね。慶弔いずれにも使用できます。大きさは70㎝から90㎝角がお勧めです。また45㎝角のものは「ふくさ」の代わりにも使用できます。包み方にも色々ありますが、文章だけでは表現しづらいので省略します。

最後になりましたが、贈り物をする際に、「つまらないモノですが・・・」という言い方をする時が有ります。これは、「贈る側(私)にとっては良いものでも、受け取る側(あなた)にとってはつまらないかもしれません」という意味です。日本人同士の謙虚な気持ちの表れでも、外国人には理解できない文化ですね。相手によりますが、あまりお勧めできません。
むしろ、「なぜこの品物を選んだか」、その明確な理由を述べた方が良いかもしれませんね。

しかし、「つまらないものですが・・・。」と言われて、品物を頂いたら、そのように解釈して下さいね。




この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

33

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1547《大切にしたい日本人らしい優しい気配り)

長雨と台風で刈り入れが遅れましたが、陽光に輝く稲穂が日本の秋を実感させてくれます。黄熟した稲穂はいつみて...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1546《365日を豊かに彩る季節の美しい言葉「秋の土用」と「霜降」》

いつものことながら毎回歓迎できないものがあります。ましてこの時期の大型台風はご免こうむりたいものですね。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1545《人柄のいい人は豊かな人生に恵まれる。自分磨きのお勧め》

世の中には様々な人がいます。有名人といえば芸能人やスポーツ選手を思い浮かべる人が多いと思います。金持ち...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1544《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め②》

物が豊かで便利な国になっても。「孤食」が相変わらず増えているのは感心しません。特に家庭では、できる限りそろ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1543《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め①》

食べることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。では「味覚の秋」「食欲の秋」を存分に楽しまれていますか?...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ