コラム

 公開日: 2011-09-21  最終更新日: 2012-04-17

マナーうんちく話137≪暑さ寒さも彼岸までの真意≫

【冠婚葬祭の知識とマナー】 「暑さ寒さも彼岸まで」の本当の意味は?

9月23日は、秋の彼岸で「秋分の日」です。
祖先を敬い、亡くなった人を偲ぶ日ですね。

遠い昔、まだ日本に仏教が伝わっていなかった頃、日本人は、春分の日の頃には豊作を祈り、秋分の日の頃は豊作に感謝し豊作を祝うというような自然信仰が根付いていました。
そして仏教が伝わり、それが浸透してくると、やがて祖先を敬い、供養するために、お墓参りをするようになりました。
彼岸のお墓参りについては前回触れたとおりです。

ところで、お彼岸の頃になると、「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉に、なにかと触れるようになります。四季が明確に分かれている日本ならではの言葉で、日本人の季節感を大変上手に表現していると感じます。
そして、この言葉の一般的な意味は、ご承知の通り、「厳しい暑さや寒さも彼岸の頃になると和らぎますよ」という意味です。
早く、快適な気候になれば良いのに、という希望的な側面もあるようです。

しかし、実際には、同じ彼岸でも、「秋の彼岸」はまだまだ残暑が厳しく、岡山でもつい先日までは真夏日が続いていました。
これに比べ、「春の彼岸」は寒さが厳しく、セーター等が未だ離せません。
昼の平均気温も、秋の彼岸と春の彼岸では、10度℃位の違いは有るようです。

そこで、さらにこの言葉の持つ深い意味を探ってみました。
折しも只今、台風が再び接近しています。
暴風・波浪・大雨・洪水警報等が各地に発令され、多大な被害が懸念されています。
しかし、人間の力で台風を遠ざけることは、いかに科学が発達したとはいえ不可能なことです。地震や津波にしてもそうです。
地震予知連絡協議会等という素晴らしい頭脳を結集した機関が有るようですが、神戸や東北大震災を予知できませんでした。

夏の暑さや寒さに対しても、これを快適な気温にすることは所詮無理な話です。
全ての人間や動物は、これを甘受するしかありません。
人間の出来ることは、暑ければ服を脱ぎ、寒ければ服を着ること位なものです。
有史以来ずーと、この繰り返しです。

ではどうするか?
厳しい暑さも寒さも、何時までも続くことはないので、無理な抵抗はやめて、「耐える時には耐えなければいけませんよ!」ということだと思います。
早い話、「人間我慢が大切ですよ!」ということではないでしょうか?
そして、自然に対しては「謙虚になることが必要ですよ!」ということですね。

商魂逞しい今の日本人は、暑さ寒さも「ウオームビズ」「クールビズ」とビジネスに結び付けましたが、季節の節目くらいは、昔の人の言葉に耳を傾けてみるのもいいですね。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1690《「夏は夜」。本当は大きな意味を持つ二十四節気の一つ「夏至」》

相変わらず梅雨空が続いておりますが、梅の実が黄色く熟し、蛍が飛び交う頃はなにかと風情を感じることができます...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1689《今、中高年齢者の孤独が危ない!どうする?》

世界屈指の長寿国になった日本。あなたは長い人生をどう生きますか?長生きを競うことも大切ですが、長い人...

マナーうんちく話1688《「平服でお越しください」の招待状。どう対応する?》

日本は物が豊かで何もかもとても便利な国になりました。ファッションにしてもそうでしょう。通勤や日常生活...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1687《「包装」に込められた相手を尊ぶ日本人の心意気》

外国人が日本の贈答文化について大変驚きを感じる点は多々あります。贈答の種類の多さ、渡すタイミングや渡し...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1686《神様への感謝とお願い!日本の贈答の起源》

そもそも日本では縄文時代の頃から贈答の習慣があったといわれます。このころは稲作文化も未発達で、狩りで射...

[ 贈答のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ