コラム

 公開日: 2011-09-19  最終更新日: 2012-04-17

マナーうんちく話136≪良い事有りそう!彼岸の墓参り≫

【冠婚葬祭の知識とマナー14】 お彼岸とお墓参りのお勧め

9月と3月の秋分・春分の日を中日とし、その前後3日ずつ計7日間を「彼岸」と言います。今年は、9月20日が彼岸入りで、23日が「秋分の日」です。

何かと迷いや苦悩の多いこの世を「此岸(しがん)」というのに対し、あの世(極楽浄土)のことを「彼岸」と呼んでいますが、彼岸には「おはぎ」と「ぼたもち」が欠かせません。

以前にも説明しましたが、同じ材料で作られるにもかかわらず、秋分の日にお供えするのは「おはぎ」、春分の日にお供えするのは「ぼたもち」と呼び方が異なります。それぞれ季節を代表する花です。ちなみに、秋の萩は万葉集で一番多く歌われている花で、春のぼたんは「百花の王」と呼ばれています。

ところで彼岸の中日前後には、お墓参りをして故人をしのびます。先ずお墓周辺と墓石をキレイにして、花台に花を生け、菓子や果物をお供えします。ろうそくに火をつけ、さらに線香を焚きます。そして故人と縁の深かった順にお参りします。

以上のようなことを理解されたら、彼岸の墓参りは、さらに意義の深いものになりそうですね。ここで改めてお墓参りをする効用に触れてみたいと思います。

先ずお墓参りの目的ですが、ご先祖に近況報告を行い、改めて感謝することにあります。ご先祖も、自分の子孫が元気で頑張っている報告を聴けば喜ばれるというものです。
この他、お墓参りには多様な効用が期待できます。

○心を清め、身体を活性化させます。
○冷静に、自分を見つめ、自己を省みることが出来ます。
○家族と共にお参りすることで、家族間の絆が強まり、子供の情操教育にも役立ちます。
○親族でお参りすることで、親族間のコミュニケーションが図れます。
○夫婦でお参りすることで、夫婦間の絆が深まります。
○一人暮らしの人にとっては、家族の在り方が改めて認識できます。
○何事にも感謝の気持ちが湧いてきます。


マナーは、人間ばかりのためではありません。自然に対するマナー、目に見えない神様・仏様に対するマナーも存在します。
そして合掌は神様・仏様に対するとても美しい礼儀・作法です。
加えて、お辞儀は、感謝の気持ちを一杯込め、深々とされることをお勧めします。


3月に発生した東日本大震災は、改めて、故人を偲び供養する意味を投げかけてくれたのではないでしょうか?
ご先祖を供養しても、早速明日からの生活が物質的に豊かになることはありません。
しかし、自分のご先祖に祈りを捧げることで、明日へのエネルギーが充満されてくることは確かだと感じます。
お墓参りはご先祖のためばかりではなく、自分自身のためでもあります。
だから、季節の節目・節目にはお墓参りをしなさいよ!と諭してくれているのが、「お彼岸」ではないかと思っています。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1546《365日を豊かに彩る季節の美しい言葉「秋の土用」と「霜降」》

いつものことながら毎回歓迎できないものがあります。ましてこの時期の大型台風はご免こうむりたいものですね。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1545《人柄のいい人は豊かな人生に恵まれる。自分磨きのお勧め》

世の中には様々な人がいます。有名人といえば芸能人やスポーツ選手を思い浮かべる人が多いと思います。金持ち...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1544《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め②》

物が豊かで便利な国になっても。「孤食」が相変わらず増えているのは感心しません。特に家庭では、できる限りそろ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1543《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め①》

食べることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。では「味覚の秋」「食欲の秋」を存分に楽しまれていますか?...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1542《「稲刈り」と「初穂料」》

実りの秋、収穫の秋を迎えています。この時期には全国津々浦々で稲刈りが始まっていますが、同時に秋まつりが行...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ