コラム

 公開日: 2011-09-11  最終更新日: 2012-04-17

マナーうんちく話132≪中秋の名月とお月見ロマン≫

【冠婚葬祭の知識とマナー10】 季節の行事・中秋の名月とお月見ロマン

9月(夜長月)の夜は、楽しいイベントの目白押しです。
9日の「重陽の節句」に引き続き、12日は旧暦の8月15日で、「十五夜」です。

中国では、旧暦の7月を「初秋」、8月を「仲秋」、9月を「晩秋」と名付け、それぞれの月の満月の日には、「月見の宴」を催していました。
中でも旧暦の8月の満月は、最も美しいとされ、盛大な宴が繰り広げられていたようです。

そしてその習慣が平安時代に日本に伝わり、貴族階級の間で広まった次第です。
日本の貴族階級は風流が好きで、宮中で、月を愛で、詩歌を詠み、宴を催していたと伝えられています。そして江戸時代になった頃に、単に月を愛でるだけではなく、作物の収穫に感謝し、季節の農作物や果物は花等をお供えして、美しい満月を祭る行事になりました。

現在と違い、月の満ち欠けを農作業の目安にしていた当時は、満月は豊穣を意味し、この上ないありがたい日だったのではないでしょうか?

月へのお供え物は、秋の七草が一般的ですが、中でもススキは欠かせません。農作物としては主に里芋が供えられていたので、十五夜は「芋名月」とも呼ばれます。勿論、団子もぜひ備えたいものです。

供え方を説明いたします。
・縁側(窓辺)や庭に小さな机を置き、「月見の台」を用意します。
・花瓶に、秋の七草(すすき、萩、ききょう、くず、おみなえし、なでしこ、ふじばかま)など、「すすき」を中心とした季節の花を飾ります。
・三方にお月見団子を載せます。
・里芋、枝豆、栗、ブドウなどを供えます。
ちなみに、三方(さんぼう)とは、神道の神事に使用される、お供え用の台のことです。平皿でも代用可能です。
大体以上ですが、感性を生かした自分流のコーディネートもお勧めです。


ここで、折角の機会ですので、お月見をさらに詳しく触れて行きたいと思います。
お供えする花がなぜ「すすき」か?ご存知でしょうか?
正月の準備に必要な「お飾り」や「鏡餅」はコメに関連していると、すでにお話ししましたがそれとよく似ています。
すなわち、イネ科のススキはコメに似ているので、ススキを米に見立て、それをお供えすることで、豊作を祈念したという説が有力です。こうなると団子も小麦粉製でなく、米粉で作った団子が良さそうですね。
ところで、その団子の数ですが、15夜には15個、13夜には13個供えます。


40年以上前にアポロが月面着陸に成功し、もはや月は手の届く範囲になり、かぐや姫や兎のロマンはすっかり失せてしまった感が有ります。それに伴い、年中行事も無用の産物になりがちです。しかし科学は確かに生活を豊かにし、便利にしてくれますが万能ではありません。自然に対し謙虚な態度も必要です。原発事故がそれを物語っています。

日本人が長い間大切にしてきた年中行事は、科学に反するものではなく、科学と共に歩むべきだと考えております。私は脱原発派ですが、その原点は「お月見」にも、かいま見ることができそうです。遠い昔から脈々と続いている日本人のたしなみを、形は変われども、次世代に伝えて行くことも大切なことではないでしょうか?



この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1545《人柄のいい人は豊かな人生に恵まれる。自分磨きのお勧め》

世の中には様々な人がいます。有名人といえば芸能人やスポーツ選手を思い浮かべる人が多いと思います。金持ち...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1544《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め②》

物が豊かで便利な国になっても。「孤食」が相変わらず増えているのは感心しません。特に家庭では、できる限りそろ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1543《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め①》

食べることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。では「味覚の秋」「食欲の秋」を存分に楽しまれていますか?...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1542《「稲刈り」と「初穂料」》

実りの秋、収穫の秋を迎えています。この時期には全国津々浦々で稲刈りが始まっていますが、同時に秋まつりが行...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1541《「ありがとう」の連発が人生を好転させる》

秋雨前線の影響でしょうか?気温も急降下し本格的な秋の訪れが実感できますが、暦の上では菊の花が咲く時期です...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ