コラム

 公開日: 2011-09-08  最終更新日: 2012-04-17

マナーうんちく話131≪9月9日は菊酒で乾杯!≫

【冠婚葬祭の知識とマナー9】 五節句と最も目出度い重陽の節句

朝夕めっきり涼しくなってきましたが、9月8日は二十四節季の一つ「白露」です。夏から秋へと移り変わる頃のことです。

ところで「重陽の節句」をご存知でしょうか?
節句には、「人日(じんじつ)」、「上巳(じょうし)」、「端午(たんご)」、「七夕(たなばた)」、それに「重陽(ちょうよう)」の五つの節句が有ります。

今では、「重陽の節句」はすっかり影をひそめてしまいましたが、実は最もお目出度い日とされていました。他の節句と同じように中国からもたらされたものです。
そして、その中国では、偶数と奇数では、奇数の方が縁起の良い「陽の数字」だとされており、中でも9はその極みです。だから最高に縁起の良い数字が重なる日なので、「重陽の節句」として盛大にお祝いをしたわけです。

五節句は全て奇数月ですが、奇数を敬う考え方は日本文化にも、至る所で見受かられます。例えば俳句は5・7・5、短歌は5・7・5・7・7、琴は13弦、三味線は3弦です。さらに扇子やうちわの骨の数も奇数でまとめられていますし、3・3・9度の杯もそうですね。是非、頭の片隅にでも入れておいて下さいね。

また、重陽の節句に、酒に菊の花を浮かべた「菊酒」を飲めば長寿にあやかるという言い伝えがあります。ちなみに、この重陽の行事が日本に入るまでは、菊の花が意識されることは無かったようです。従って万葉集には百数十種類もの花が謳われていますが、菊の花は登場しません。

しかし、重陽の行事が日本にもたらされてくると、次第に菊の花に人気が出てきて、古今和歌集には詠まれてきます。さらに、鎌倉時代には、菊の花は皇室の紋章に採用されるまでになります。加えて、江戸時代に入ると多彩な文化が栄え、菊の花もすっかり多くの人々の観賞用の花として定着し、また菊人形等にも使用され、現在に至りました。余談事ですが、徳川の紋章は葵です。

さらに、菊の花には、邪気を払い、寿命を延ばす不思議な力が潜んでいると考えられていました。そういえば、「上巳の節句(桃の節句)」には、雛飾りに桃の花を添えますが、桃の花にも、邪気を払い、寿命を延ばす力が有ると信じられ、桃の酒が飲まれます。


節句の名前は、春の桃、初夏の菖蒲、秋の菊のように、その季節を代表する花のネーミングが付けられています。その中でも紛れもなく菊の花は日本を代表する花で、今では、安価でスーパーでも花屋さんでも簡単に手に入れることができます。

九日の夜は、自分自身と家族の長寿と繁栄を願い、酒に菊の花びらを浮かべ、「菊酒」と洒落て見られては如何でしょうか?
猛暑と無理な節電で疲れた、身体と心が喜んでくれ、明日への元気が湧いてきますよ!
今年の秋色のファッションを追いかけるのも楽しいですが、昔のロマンを再現するのも格別です。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1578《「形」より「心」!? 本当のマナー美人になるには・・・。》

マナーは時と場合により発揮の仕方は異なります。不易流行的側面もあります。だから様々な経験を経て、苦労し...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1577《勧善懲悪とマナー》

前回赤穂浪士に触れましたが、それに匹敵するくらいミリオンセラーになったのが水戸黄門ではないでしょうか。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1576《歴史上の大事件の裏にはマナーが関わっていた(赤穂浪士の討ち入りとマナー

12月14日は日本人なら誰しも知っている歴史上の大事件が起きた日ですね。小説、浄瑠璃、映画、テレビでおなじみ...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

マナーうんちく話1575《日本人なら知っておきたい年末の大切な歳時「正月事始め」》

今年は真冬になるのが早かった気がしますが、如何でしょうか。ところで最近、都会においても、猿や猪が出現して...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1574《忘年会での「無礼講」はどこまで許されるの?》

無礼講に関してはよく質問を受けるところですが、難しいところです。無礼講といった上司の本意が理解できれば、...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ