コラム

 公開日: 2011-09-04  最終更新日: 2012-04-17

マナーうんちく話129≪台風・病気見舞いのマナー≫

【冠婚葬祭の知識とマナー7】 お見舞い&快気祝いの熨斗袋のマナー&風水害の見舞い

台風12号で被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。
最近、多種多様な災害が多発しています。また病気にかかる人も増え続けています。
色々な形でお見舞いをする機会が増えてきました。

災害や病気のお見舞いは、基本的には水引はかけません。さらに袋も比較的地味な物で熨斗も付けないのが一般的です。
左側に赤い帯がある袋が市販されていますが、白色で無地の封筒でも構いません。

○災害のお見舞い
表書きは、「台風御見舞 平松幹夫」のように書きます。台風や地震などの災害は深刻な被害をもたらせます。白無地の封筒がお勧めです。

○病気のお見舞い
「御見舞 平松幹夫」のように書きます。左の赤い帯のある袋か、白無地の封筒を使用します。勿論「御見舞」でも「お見舞」でも構いません。白赤の結びきりの水引のかかった祝儀袋を使用することも多々あります。この場合、熨斗をつける時と、付けない時が有ります。すでにお話ししたように、熨斗には延ばすという意味もあるので、私は熨斗をつけられるのはお勧めしていません。

○陣中見舞い
「差し入れ」という意味から、皆で食べたり飲んだりできる菓子やジュース類が好まれます。現金の時には、表書きは「陣中御見舞 平松幹夫」で、水引は白赤の蝶結び、熨斗はつけます。但し、選挙事務所へ陣中見舞いを行う時には、公職選挙法に触れないよう、専門家に相談されることをお勧めします。

○快気祝い
怪我や病気が快復した時、あるいは退院した時に、「お返し」として贈ります。
一応「お祝い」なのですが、このお祝いは、昇進や受賞のように何度あっても嬉しいお祝いではなく、むしろ怪我や病気はもうこれ切りにして欲しいので「結び切り」の水引を使用します。


「見舞い」とは、本来病気やけがをしている人の所に訪問して、慰めたり、励ましたりして、回復を早めるのが目的です。そしてこれが転じて、大変な状況におかれている人や、これからすごいことをやろうとしている人を、励ましたり慰めたりすることも、「見舞う」と表現するようになりました。いずれも「形」より「心」が大切です。

すなわち自分の立場や思いを伝えるより、相手に対する思いやりがなにより大切です。特に病人やけがをしている人には、本人や付き添いの人や家族の人への配慮が必要です。
また突然、災害に遭われた方の心中を察することも大切です。
熨斗袋の書き方や金額等も大切ですが、くれぐれも本末転倒にならないようにして下さい。
私は、その時の状況にもよりますが、お金にこだわることはあまりしません。よく手紙を書きますね。


台風12号は全国的に多大な被害をもたらせました。親戚・知人・友人等が被害に遭われた方や、安否を知りたい方も多いと思います。そこでお見舞いの具体例を挙げてみます。

●親戚・知人・友人等の安否を尋ねるメールの文例
・タイトル⇒大変心配しております(平松幹夫より)
・本文⇒○○様 テレビでそちらの被害状況を知り大変驚いています。○○様のお宅は大丈夫でしたか?皆で心配しています。とりあえず状況を連絡して下さい。こちらは無事です。平松幹夫より

●親戚・知人・友人等へのお見舞いの手紙の文例
テレビでそちらの被害状況を知り一同大変心配しております。本来ならすぐに駆けつけるべきなのですが、なかなか思うようになりません。○○様も仕事と後片付けで何かと大変だと思いますが、あまり無理をしないで下さいね。また平松に出来ることが有りましたら、お気軽にお声をかけて下さい。一日も元の生活に復帰できるよう祈っております。
※状況により文章は変わります。また、手紙は、手書きの、縦書きがお勧めです。

風水害などのお見舞いは、出来ればすぐに駆けつけてあげるのが望ましいですが、なかなか思うようにはいきません。そこで、伺って、励ましや慰めの言葉をかける代わりになるのが「お見舞いの手紙」です。
安否が解らない時はメールがお勧めです。
床下浸水のように、被害に遭われた場合は、見舞い品を贈ったり、手紙を出されることをお勧めします。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1543《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め①》

食べることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。では「味覚の秋」「食欲の秋」を存分に楽しまれていますか?...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1542《「稲刈り」と「初穂料」》

実りの秋、収穫の秋を迎えています。この時期には全国津々浦々で稲刈りが始まっていますが、同時に秋まつりが行...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1541《「ありがとう」の連発が人生を好転させる》

秋雨前線の影響でしょうか?気温も急降下し本格的な秋の訪れが実感できますが、暦の上では菊の花が咲く時期です...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1540《神無月に出雲に出張された神様はどんな仕事をされるの?》

10月も半ばになると、昼間の時間が短くなったのが実感できるようになりますが、暑くもなく寒くもなく、最も過ごし...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1539《日常生活を心豊かにする「ささやかな幸せ」の感じ方》

秋は月。そして虫の声。昨夜の月はとてもきれいでしたが、一年の中でも一番美しいといわれる秋の月を眺めて...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ