コラム

 公開日: 2011-08-27  最終更新日: 2012-04-18

マナーうんちく話125≪通過儀礼の意味と意義≫

冠婚葬祭の知識とマナー3】 不安定な状態を安定させる通過儀礼

人が生まれ成長していく段階で、どちらにも属しない大変不安定で不気味な時期に、「新しい意味を加味して安定させる儀式」のことを通過儀礼と言います。

例えば、和室における障子や襖は、たとえそれが紙や木だけで成り立っていても、それ自体が立派な境界になります。しかし、子どもと大人の境は、有ることは有るのですが目には見えません。この目に見えない、子どもから大人に至る過渡期は、心身ともに非常に不安定で怖いものであるとされていました。

その不安定で不気味で恐ろしいものを、元服(成人式)という儀礼を執り行うことにより、不安を安心に変えていたわけです。
勿論長い人生において、過渡期となる不安定で恐ろしい時期は、成人式の頃だけではなく沢山あります。そしてこのような考え方は、日本だけのものではありません。つまり世界中には実に多くの通過儀礼が存在し、いずれも非常に大切な儀式とされ、厳粛に執り行われています。ただ、「通過儀礼」と言う言葉はそんなに古くはなく、丁度100年くらい前にフランスの民族学者により唱えられた言葉だとされています。

要は、古今東西、人の一生において、ある時期から、ある時期に移行する時に、必ず通過儀礼が執り行われるということです。
冠婚葬祭の分野では大きなウエイトを占めます。
今では、日本人の意識、家族構成、社会構造の変化に連れ、多くの儀礼が失われていったことも事実ですが、誕生、七五三、成人、結婚、長寿、死等の儀式は、古来より未だに受け継がれています。それどころか、七五三、成人式、結婚式、葬式等は生活様式が豊かになるにつれ、以前より盛大に執り行われている感もあります。

さらに、情報機器の急激な進展にもかかわらず、占い・オミクジ・お守り等も相変わらずの人気ですし、厄年のお払いに行く人や、各種祈願祭なども後を絶ちません。また、大安にこだわることもすたれていません。

そして、通過儀礼により、その人の社会的立場が大きく変わることが多々あります。
例えば武家社会における元服の儀式は、改めて大人の仲間入りであり、一人前になったことを社会から認知されることはご存知の通りです。さらに、明治維新から終戦までの期間の「徴兵制度」もある意味では通過儀礼とも言えます。徴兵検査に合格し、兵役に服すことで、当時は、一人前の日本男子として、世間から認められていたようです。

また、独身の人が結婚して夫婦になることも典型的な通過儀礼です。加えて世界一の長寿国になった日本では、長寿を祝う通過儀礼が増えそうです。高齢社会は死と向かい合っている人も多くなりますので、葬式も増加傾向にあります。


今の日本では、栄養状態が良くなり、医療や医療制度も発達し、子どもが誕生して成長する過程において、それほど心配することは有りませんが、昔は、子どもの誕生、成長はとても大変なことでした。そこで人々は常に、「子どもが無事生まれ、元気で立派に成長することと、幸せに年を重ねること」を祈念したわけです。多様な通過儀礼の本来の意味が、ここに存在します。

このように、日常生活における身近な通過儀礼の本来の意味を理解すれば、一概に、古い迷信とか、虚礼とか、わずらわしいでは済ませられない気がしますし、現在抱えている多くの課題の、解決のヒントが多々存在しているのではないでしょうか?


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1674《通夜の心得①》

冠婚葬祭の儀式の中でも葬儀は結婚式のように、当事者が主体的に執り行うことはできません。ということは自分...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1673《通夜・葬儀・告別式の心得①「多死社会の現状と葬の捉え方》

【多死社会の現状と葬の捉え方】日本は世界屈指の長寿国になりました。経済が豊かになり栄養状態が良くなっ...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1672《祝儀に新札が使用される理由》

年々日本を訪れる外国人が増えているようですね。観光目的ならいざ知らず、留学やビジネス等で日本に長期滞在す...

[ 祝い事のマナー ]

マナーうんちく話1671《厳格に執り行われた?武家社会の結納と婚儀》

日本は四季に恵まれ農耕文化で栄えた国で、自然との共生も大切にしましたが、意外に昔から恋愛や結婚にはおおらか...

[ 結婚のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ