コラム

 公開日: 2011-08-17  最終更新日: 2012-04-18

マナーうんちく話120≪いじめと不登校とマナー≫

ご記憶の方も多いと思いますが、8月5日の山陽新聞に掲載された「岡山、暴力行為で全国最悪」という記事がとても気になります。

かって全国有数の教育県であった岡山県において、小中高生の暴力行為、小学校の不登校の発生率がともに全国の都道府県で最悪とのこと。
「晴れの国」岡山の未来に暗雲が立ち込めているようですね。
県教育委員会も色々と対策を講じているようですが、マナー講師として、マナーの徹底をお勧めしたいところです。


マナーとは「思いやりの心」であり、思いやりの心とは、「人を不快にさせないこと」と「人に好感を与えること」で、いわば人間関係を良好にするための潤滑油のようなものです。
従ってあらゆるマナーは人間関係と密接な関係にあります。
ゆえに、人間関係を良好にするためには、「人を不快にさせないこと」と「人に好感を与えること」を徹底することです。非常に明瞭簡潔です。

人を不快にさせないことは具体的に、「人をいじめない」「人に嘘をつかない」「人の悪口を言わない」等です。

次に、人に好感を与えることは具体的に、「人と会ったら挨拶する」「人を褒める」「人の話を聞く」等です。

「人に不快感を与えること」はさせない、そして「人に好感を与えること」事を前向きに奨励する。
以上のことを家庭、地域、学校で徹底することが、暴力行為やいじめや不登校を改善する最良の方法だと考えます。勿論職場でもそのまま応用可能です。
そして、これに「食生活の改良」が加われば鬼に金棒ですね。

次に、これらを、家庭、地域、学校、職場で徹底するにはどうしたら良いか?ということですが、答えはごく簡単です。親や教師や指導的立場にある人が、率先して正しいマナーを身につけ、それを家庭、地域、学校、職場で子どもや下位者に模範を示せばいいのです。

非常に簡単なことですが、残念ながら親や教師や指導的立場にある人が、マナーを正しく理解できていないのが現実のようです。
往往にして日本では親、教師、上位者がマナーに対する認識が大変甘いと思います。

日本では、「子どもは親の背中を見て育つ」と言われております。
ヨーロッパでは、「ひな鳥は親鳥の通りにさえずる」と言われております。
古今東西、親や教師は子供の鏡なのです。

特に「人に好感を与えること」は、親や教師や上位者は、子供や部下の前で徹底的に模範を示すべきです。そうすれば、いじめ・不登校・暴力行為の防止のみならず、子どもが社会に巣立つ時や、社会人になってハッピーなライフプランを描く時にもとても役に立ちます。また職場の雰囲気は常に良好に保たれます。

それに対し、「人を不快にしないこと」は、模範を示すというより、子どもや部下がそのような行為をしたら、親や教師や上司は、それに対し厳重な注意をすることが求められます。


価値観が多種多様化し、流動化するような時代になった今だから、余計にマナーが必要になってくるのだと思います。そしてそのマナーを有効に発揮するためには、先ず子育てに携わる親、教育に携わる教師、職場を預かる上司の人達のマナーに対する意識が大切です。

「人を不快にさせない」「人に好感を与える」。
これを原点に、社会の秩序は守られ、平和が維持されています。
人の話が聞けないようになったら、
夫婦間では離婚に至ります。国と国とでは戦争になります。
上記の記事を県民全てが共有し、マナーに対する認識を深めて頂きたいものです。









この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1526《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係①》

突然ですが、現在地球上に何人いるかご存知でしょうか?世界の総人口は現在約74億人です。地球上では、一...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1525《「すみません」は何度言えばいいの?》

台風の動向が気になりますが、空が澄んで星や月がきれいに見えますね。昔の人は、月の満ち欠けの形で農作業の目...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1524《美人は本当に薄命なの?》

只今二十四節気の「白露の頃」ですが、露に濡れて香り立つ草木からも、深まりゆく秋の気配が感じられます。秋...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ