コラム

 公開日: 2011-08-02  最終更新日: 2012-04-18

マナーうんちく話113≪自慢話とマナー≫

自分の自慢話は、人にしないのがマナーです。
しかし、人の自慢話を聞いてあげるのもマナーです。

誰しも聞いてほしい自慢話を、一つや二つは持っているものです。
聞いてほしい相手はまちまちですが・・・。
皆さんは如何でしょうか?

33年間の接客業で、お客さんの自慢話を数えきれないくらい聞かせていただきました。
レストランで、婚礼受付で、営業先で・・・。
何百回、何千回、何万回と聴かせていただくうちに、聴き方が上手になってきます。
それに連れ、多くの固定客が出来ます。
中には、従業員と客との関係を超えた交流が生まれたりします。
ホテルマンからマナー講師への転身を促してくれた人もそうでした。
またそれ以後、その中の人達から多くのアドバイスを頂きました。
勿論利害関係を超えてです。


人に自分の自慢話をするのは、とても気持ちいいものです。
ここが愚痴と異なります。
でも、自慢話を聞かされる方は、どちらかと言えば不愉快です。

マナーとは「思いやり」です。
思いやりとは、相手を、「不愉快にさせないこと」と、「相手に好感を与えること」です。

自慢話をしたら、相手は不愉快になります。
自慢話を聞いてあげたら、相手は気持ち良くなります。
だから、自慢話はしない、自慢話を聞いてあげる。
これが最高の、「気配り」で有り、「マナー」なのです。

相手に、自慢話をするより、
相手の、自慢話を聞いてあげる人になって下さい。

ただ、どうしても自慢話を聞いてほしくなった場合は、話を終えてから、謙虚な気持ちを表明して下さい。
例えば、色々と自慢話をしてきたが、「これも全てあなたのおかげです」とか、「皆の努力が有ったからです」とかのように。これが有ると、無いとでは、雲泥の差が出ます。

また、いつも「自慢話ばかりされる」タイプの人。
「もういい加減にして!」という気持ちにもなります。
その対処方法としては、適当に話を聞き流す、話題をそらす、いつも逃げ道を用意しておくなど、色々と考えられますが、正直失敗すれば逆効果です。
自慢話をされやすいタイプの人は、良い意味で「聴き上手」、すなわち「コミュニケーション能力に長けている人」です。
そういう解釈をすれば、相手の自慢話を聴くことが、そんなに苦になりません。
幸せに縁が有るモノと前向きに構えて下さい。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1674《通夜の心得①》

冠婚葬祭の儀式の中でも葬儀は結婚式のように、当事者が主体的に執り行うことはできません。ということは自分...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1673《通夜・葬儀・告別式の心得①「多死社会の現状と葬の捉え方》

【多死社会の現状と葬の捉え方】日本は世界屈指の長寿国になりました。経済が豊かになり栄養状態が良くなっ...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1672《祝儀に新札が使用される理由》

年々日本を訪れる外国人が増えているようですね。観光目的ならいざ知らず、留学やビジネス等で日本に長期滞在す...

[ 祝い事のマナー ]

マナーうんちく話1671《厳格に執り行われた?武家社会の結納と婚儀》

日本は四季に恵まれ農耕文化で栄えた国で、自然との共生も大切にしましたが、意外に昔から恋愛や結婚にはおおらか...

[ 結婚のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ